究極の鍋食材

豆 腐

 鍋では脇役に見られがちな豆腐。しかし豆腐の入らない鍋はないというほど、鍋には欠かせない食材です。「風来の鍋セット」ではもちろん豆腐にもこだわりました。ここ加賀は以外と知られていませんが大豆の産地でもあります。美味しい豆腐に欠かせないのが、良い大豆、良い水、良いにがりです。

 今回「風来の鍋セット」には隣町、美川のこだわり豆腐を使用しています。ここの豆腐は前述した、大豆、水、にがり、すべてにこだわっています。
 大豆は地元の無農薬大豆。また大豆の品種も豆腐に最適なエンレイです。水はもちろん手取川の伏流水を使用しています。にがりは天然塩の製造過程の副産物ですが、この豆腐は大島の天然塩と並び賞される能登は珠洲の塩田のにがりを使用しています。とにかく豆腐とは豆で出来ているんだ、と実感させてくれる豆腐です。


 本来、鍋には木綿豆腐というところですが、風来ではあえて絹豆腐を「風来の鍋セット」につけました。確かに崩れやすくはありますが、とろける柔らかさ、甘味は絹豆腐が断然上です。キムチや豚肉、野菜の美味しさを吸い込んでふわぁとした豆腐は最高です。すべて鍋に入れてしまわず、何もつけずに一口食べて見て下さい。


究極のキムチ鍋へ
  
究極の豚しゃぶへ