究極の鍋食材

無農薬野菜

 風来の畑から穫れたて野菜。その季節によって鍋に合う野菜を選んでいます。特に冬は野菜も身がしまり、美味しさを中に中に閉じ込めていきます。風来の畑では出来るだけ肥料を押さえて育てています。そうする事により、野菜本来の味が出てきます。旬を大切にねぎも春〜秋には玉ねぎ、秋〜春には長ネギになります。

 最近は品種改良が進み、甘味が強くクセのない野菜が増えてきました。そして肥料を過剰に与える事により水っぽくなってきました。風来の野菜はその野菜そのものの味を引き出すよう育てています。そして本物の野菜は火を通すと野菜本来の甘味が出てきます。野菜本来の味を堪能して下さい。

 「究極のキムチ鍋」セットには白菜1/2、ねぎ、旬の野菜がつきます。この白菜は風来のキムチの白菜でもあります。生の白菜がキムチと合う事により、今一度互いの旨味が出てきます。ねぎは鍋の甘味を引き立てます。またその時々に入る葉野菜は鍋に花を添えてくれます。旬の野菜は香りも良く、もちろん味も最高です。厳選された野菜をぜひ、お召し上がり下さい。


究極のキムチ鍋へ
  
究極の豚しゃぶへ