HOME >>100ミニマム主義で行こう

2006年03月07日

Ⅰ. ミニマム主義で行こう①

 風来の農業経営の根本にはミニマム主義があります。これが私の根
底であり、この考え方なら独立農家へのハードルがすごく低くなるの
ではないかと考えています。

 ミニマム。直訳すると「最小」「最小限の」である。つまりミニマ
ム主義とは小さい農家でいきましょうということです。あわよくば面
積拡充なんて考えているのと最初からコンパクトで行こうでは、投資
額も違えば効率も変わってきます。

 面積、規模などある程度制限することによって土地活用、時間の効
率もアップします。また大きな機械を買う必要がないので借金する必
要がなくなります。そして地域の人間関係も小さいということでスムー
ズでです。目指すところはコンパクトといったところでしょうか。

 今この日本で会社か何か起こそうとすると莫大な資金とノウハウが
必要になります。しかし最小単位で出来るもの。それが農業です。

 現代の農業というと大型化、拡大化、機械化がどんどん進んでいま
す。どれもこれも資金のいる物ばかり。そうしなければ食べていけな
いような錯覚を与えてくれます。また国もホイホイと金を貸してくれ
る始末。(もちろん返さなければいけませんが)

 果たして大型化する必要があるのでしょうか?まずはそこから
考える必要があるのではないでしょうか。

2006 03 07 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.