HOME >>262 歳時記 春

2006年08月25日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 3月①

 風来の歳時記 3月①

 さあ3月、芽吹きの時期であります。風来では一年で一番忙しい
月です。

 温床線を使ってハウス苗を育てることになってから2月の中ごろ
にはもう種を蒔くようになりましたが、それでも3月1日に白菜
の種を蒔くというのは創業(大げさかな)欠かしたことはありま
せん。ある意味ゲンかつぎのようなところもあります。

 元々キムチからスタートした風来としては白菜に特別な想いが
あります。

 野菜セットもいよいよ端境期になります。粘って3月中ごろまで
でしょうか。それにしても再開まで約2ヶ月ほど開くのですがその
後も何事もなかったかのように戻ってきていただけるお客様が多
いのに感謝です。

 あるお客さんによると、「市販されている野菜を食べると風来
さんの野菜がいかに濃いかが分かる、再開を今か今かと待ち構え
ている」という言葉をいただいたことがあります。そんな比較の
時期になるのかも?

3月(中ごろ)のラインナップです。

究極のキムチ鍋セット(送料込) \3800
究極の豚しゃぶセット(送料込) \3800
究極の豚キムチセット 4人前 \1000
菜の花漬け150g \350
松前漬け 150g \350
旬野菜の浅漬け 180g \300
旬野菜ぬか漬け 200g \350
旬のキムチ 150g \280
白菜キムチ 150g \280
大根キムチ 150g \280
鯖のぬか漬け 1尾 \800
鯖のぬか漬け(カット) 12切 \400
能登いかの塩辛 120g \400
からし茄子 150g \250
梅干 12粒 \300
加賀瓜の粕漬け 片身 \300
黒瓜の粕漬け 片身 \300
大根かつお漬け 180g \250
ゆず大根 180g \250
梅かつお大根 180g \250
白菜浅漬け 180g \200

この時期は何と言っても菜の花漬けでしょうか。春の訪れを感じ
させてくれます。

2006 08 25 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年08月28日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 3月②

 風来の歳時記 3月②

 ここ北陸では3月中頃から5月中頃までが一番野菜が薄いシーズ
ン。風来でも野菜セットはお休みになります。

 その分という訳ではありませんが、春の作業が一気に重なるシー
ズン。畑仕事でいうと一年で一番忙しい月です。

 土作りと種蒔き、移植がメインの仕事でしょうか。それらをタ
イミングよくこなさないといけません。そしてこの土作りは重要
なポイントここでシッカリとしておかないと後々に影響してきま
す。

 そんな土作りの前にあるのが冬野菜の片付けです。1月、2月の
暇な時期にやっておけばいいのですが、暖かくならないと体が動
きません。でもこの蔓まくりの作業は運動不足の冬の体のリハビ
リに丁度よいのです。

 風来では基本的に半不耕起になります。不耕起とは文字通り耕
さないこと。

 以前は耕して耕して耕しまくることが土作りの基本と言われて
いた時期もありました。確かに機械で何回も起こすとフワフワに
なりますが、最初だけで結果的には硬くしまった土になってしま
います。

 不耕起だと前作の残りの根がいい具合に根穴になったりミミズ
がそのまま住み着いたりと深い部分ではいい具合に土の状態が保
たれています。

 ただ風来の畑はまだ地力がそれほどありませんので表面に施肥
して浅く耕す方法をとっています。

 農業も最近は自然農など昔ながらのスタイルに科学の目があた
り正しいことというのも研究されるようになりました。

 科学万能の時代から分かっていない部分が多いことに気付いて
きたのかもしれません。経験にまさるものなしですね。

2006 08 28 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年08月29日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 3月③

 風来の歳時記 3月③

 3月になると北陸の端境期になるということは風来にとっては漬
物の種類も少なくなる時期でもあります。

 しかしこの頃にあるのが春の催事。瓜の粕漬け、塩茄子で作る
カラシ茄子を主戦力になります。春の作業をぬっての催事はなか
なかスリルがあります。

 あとその時期には何とかハウスで水菜などが採れているので水
菜の浅漬け(醤油漬け)もサービス品として出します。水菜はこ
のところ名の売れてきた野菜。これまでの葉野菜と食感がひと味
違うので重宝します。こういったちょっとしたものが商品になる
というのも直売の魅力でしょうけ。

 土作りでいうと、先ずは2月に作った米ぬかぼかしを撒き、表面
を起こします。その後クズ大豆を施肥します。

 このクズ大豆がいい具合に効いてくれます。クズ大豆を使用し
てから虫もつきにくくなり、追肥いいらずになりました。

 クズ大豆を使用するのも近所のおばあさんから聞きました。経
験にまさるものなしです。クズ大豆は熱湯に一度漬けます。こう
することによって芽が出るのを防ぎます。また雑菌が死に納豆菌
が活発になるというのも良い効果が出ているよう思います。

 茄子などの実野菜なら溝施肥します。白菜など葉野菜には表面
に撒いてかるく起こします。

 その上に近所でこだわりの養豚(植物性飼料だけで育てていま
す)をやっている高畑さんの豚糞堆肥を表面施肥します。これは
肥料というより有機マルチになります。こうすることによって水
分も保たれ、ミミズなどもあがってきていい感じになります。

 最近は紫外線が強いため、うねの表面を裸にしておくと土がボ
ロボロになります。怖い時代になりました。

 これらの作業は起こすところ以外はほとんど手作業。農閑期か
ら一気にトップギアに入った感じです。ただ小さいからこそ出来
る技というのも多くて、自分なりの農業技術もようやく固まって
きました。

2006 08 29 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年08月31日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 4月①

 風来の歳時記 4月①

 さて年度明け、わくわくするシーズンでもあります。ただ風来
の畑では収穫出来るものは少なく野菜セットはお休みの月です。

 その代わりという訳ではありませんが、風来ではこの時期、無
農薬ハーブ苗、野菜苗を販売しております。

 コンセプトは「キッチンで育てる無農薬サラダ」です。販売し
ようと思ったのはこの時期に販売品が少ないというものあります
が、農への理解を深めてもらうには実際育ててもらうのが一番で
はないかと始めました。

 この苗、思った以上に好評。しかも買われた方は必ずといって
いいほど育ち具合を報告してもらえます。そのまま風来のお客様
になっていただくことも少なくありません。育てる楽しさは伝え
る楽しさでもあるんですね。

 さてこの時期の漬物は3月に順じます。この時期に販売している
苗のラインナップです。

バジル  ¥180
ルッコラ ¥180
サラダ水菜 ¥120
リーフレタス ¥120
エンダイブ  ¥180
レモンバーム¥180
ミント¥180
オレガノ¥180
イタリアンパセリ¥180
パセリ\180 
セージ¥200
卓上ミニトマト¥200
卓上ひまわり¥200
特製「土」(500cc)¥150
特製「土」(5L)¥1200

イタリアントマト¥200
韓国唐辛子¥200
四葉きゅうり¥200
白茄子¥200
水茄子¥200 
丸茄子¥200
京伏見唐辛子¥200
大玉トマト¥200
黄インゲン¥200
ズッキーニ¥200 

ハーブの苗ももちろんですが、意外に売れているのが「土」です。
この時期の隠れたヒット商品です。

2006 08 31 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年09月01日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 4月②

 風来の歳時記 4月②

 日本は保護政策がすごくてそれが枷になっているところも多い
と思います。例えば個人での酒造り。規制緩和をしているとはい
え個人レベルではまだまだです。

 個人的趣味で酒造りを楽しんだことがありますが、日本酒を造っ
てみて改めて技術の結晶だと思いました。ビール、ワインと比べ
て何て高度なものか・・そう思った時、酒を売っているのを見て、
こんなに安くていいのか?と思ってしまいました。

 経験してみて初めて分かるのがプロの技術のすごさです。スポー
ツ観戦ではありませんが、今の日本は1億総評論家のように思えま
す。経験しないからこそ無責任なことが言えているように思いま
す。

 前振りが長くなりました。今、家庭菜園やガーデニングもブー
ムです。こういったものはブームで終わらず当たり前に広がって
欲しいと思っています。

 農家の中には家庭菜園が広がると農家の野菜が売れなくなると
小さいことを言われる方もいますが、とんでもない。先の酒の話
ではありませんが、自身で育ててみるとプロの農家を見る目が変
わってきますし、無農薬の価値も分かってくると思います。

 これからの農家の使命は農産物を届けるだけでなく、農のよさ
を広める必要があると思いますし、それしかないと思います。

 そんな事は以前から考えていました。そこで東京は世田谷区に
住む友人に余った野菜苗を送ったところ「土がない」と言われま
した。「そこらにあるでしょう?」「いや公園ぐらいしかない」
「ホームセンターは?」「そんなものはない、しいて言うなら東
急ハンズぐらいかな~」とやりとりがありました。

 そこで出来たのが「無農薬の土」です。土地は高いけど土はタ
ダ?そんな訳ではありませんが、土のヒットで改めて農家の知恵、
田舎にの潜在的能力を感じました。

2006 09 01 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年09月04日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 4月③

 風来の歳時記 4月③

 怒涛の3月に続き、4月も畑仕事に精を出す毎日ですが、土作り
もほぼ完了し、3月よりは余裕があります。

 春は定植シーズンでもあります。トップバッターはじゃがいも、
ハウスのトマト、きゅうり、こちらは3月。4月になると一気に増
えて、前半は葉野菜の水菜、レタス、キャベツ、ブロッコリー、
白菜。

 後半には夏に向けた実野菜、トマト、ミニトマト、ピーマン、
しょうが、ズッキーニ、かぼちゃ類、茄子、白茄子、アスパラガ
ス、イタリアントマト。

 販売品ではハーブの苗も一番出る時期です。一番人気はやはり
バジル、次がルッコラ、パセリといったところ。

 基本的には1ポットづつですが、より手軽に楽しんでもらえるた
めに鉢&土&ハーブ3種のセットも作りました。こちらも人気です。

 苗を販売して何がいいかというとお客さんと対話があることで
す。ほとんどがネット販売ですが、買われた方は必ずといってい
いほど反応が返ってきます。相談とか成長具合とか。

 ホームセンターなどでも苗の販売は盛んにされてますが、相談
とか成長具合とか報告出来ませんもんね。

 そして苗を購入された方はそのまま風来のお客さんになってく
れます。

 距離は遠くても精神的には近しい、ネット販売の時代なればこ
そですが、気持ちを伝え合うこと、大切ですね。そしてこれこそ
小さい農家が唯一生き残れる方法かもしれません。

2006 09 04 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (1) | トラックバック (0)


2006年09月08日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 5月①

 風来の歳時記 5月①

 薫風香る5月。天候のいい日が続き畑仕事するにも最高の気候で
す。5月の頭は露地の実野菜の定植ラッシュです。

 トマトにきゅうり、茄子など夏野菜のスターがそろいます。そ
こにズッキーニ、かぼちゃ、イタトマ、漬物用の白瓜、黒瓜など
など。

 ハーブ苗の出荷も最高潮になります。そして畑では野菜の収穫
も始まってきます。

 水菜、ほうれん草など葉野菜。玉ねぎも葉玉ねぎとして出せま
す。待望の野菜セットの復活です。

 そしてまだ鍋セットも出る。ということでこの時期は野菜セッ
トにハーブ苗に漬物に鍋セットと発送が混乱する時期です。中に
はハーブ苗と漬物を同時に注文される方も・・

 5月の野菜セットの内容は
サラダ白菜orキャベツ1玉 新たまねぎ3個 きゅうり3本 レタ
ス1玉 サラダ水菜1束(大盛り250g) ほうれん草1束(150g)
 にんにくの芽1束(8本)
になります。

 5月のラインナップは↓になります。

風来無農薬野菜セットA \1200
風来無農薬野菜セットB \1500
風来無農薬野菜セットC \1800
究極のキムチ鍋セット(送料込) \3800
究極の豚しゃぶセット(送料込) \3800
究極の豚キムチセット 4人前 \1000 
能登ぶり味噌漬け 1切 \480  
能登ぶり味噌漬け 2切 \900  
松前漬け 150g \350 
旬野菜の浅漬け 180g \300 
旬野菜ぬか漬け 200g \350  
白菜キムチ 150g \280 
大根キムチ 150g \280 
旬のキムチ 150g \280  
鯖のぬか漬け 1尾 \800  
鯖のぬか漬け(カット) 12切 \400   
能登いかの塩辛 120g \400 
からし茄子 150g \250 
梅干 12粒 \300 
大根かつお漬け 180g \250 
ゆず大根 180g \250
梅かつお大根 180g \250 
白菜浅漬け 180g \200  

新白菜の浅漬けはまた格別です。
 

2006 09 08 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年09月14日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 5月②

 風来の歳時記 5月②

 5月は待ちに待った、いや待ちに待たせた野菜セットの販売の再
開の月です。

 間を3ヶ月も空けるというのに再開すると同時に常連のお客さん
から注文が入ります。ありがたいことです。

 この時期は旬の短いものも多いです。ニンニクの芽、葉たまね
ぎなど1週間から10日の間しか出せません。しかしこの時期の野菜
は生命力を感じさせてくれます。

 この時期から気になってくるのがモンシロチョウ。無農薬野菜
農家にとってはまさに天敵です。

 原始的ではありますが、網を持っておいかけたりもします。朝
方は羽がぬれていて早く飛べないのでチャンスです。

 あとは3月の1日に蒔いた白菜の収穫も始まります。ようやく新
白菜のキムチを出せます。この時期はトウが立つのが早いのでま
とめて収穫して冷蔵庫で保存します。白菜も半月づつずらして蒔
いていきます。
 
 ちなみにこの時期はヤギの出産時期でもあります。ヤギは安産
で昼間に生まれるので苦労しらず。日本の家庭にヤギはピッタリ
です。

 そんなこともあってこの時期は畑仕事が一番いい気候でもあり
ます。そしてここ北陸では田植えも始まって田畑が一気に動き出
す時期でもあります。

2006 09 14 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年09月15日

Ⅱ-6-2. 風来歳時記 5月③

 風来の歳時記 5月③

 5月は先述したように野菜セットが販売再開して、尚且つハーブ
野菜苗も動く時期などで発送は段取り勝負です。

 また5月には母の日もあります。風来では普段食べたり、育てた
りをコンセプトにしてますのであまり贈答は出ないのですが、
(それでも最近は野菜を贈る方も増えてきました。)この時期は
ハーブの寄せ植えセットがよく出ます。

素焼きポットに3種のハーブの寄せ植え。活きた香りのプレゼント
がコンセプトになります。

野菜苗は普通の品種だと面白くないので在来品種や地元の伝統野
菜の苗ばかりを揃えています。

農家として毎年育てているものなので自信を持ってお奨め出来ま
す。毎年の常連さんも出来て育てる楽しみが広がっています。

農家は野菜を売るだけではなく育てる楽しみも伝えるということ
がこれからの使命になるよう思います。

漬物も浅漬け系が動きだします。胡瓜のぬか漬け、浅漬けはサラ
ダ感覚ですね。

瓜の粕漬けなども風来では人気ですが、このところは古漬けより
浅漬けが若い世代の方には出ますかな。

古漬けの魅力も伝えていきたいです。

2006 09 15 | この記事へのリンク | トラックバック (0)