HOME >>400閑話休題

2006年03月22日

Ⅳ. 閑話休題①

※公の精神

 先日、特急電車に乗っていると前の席の子供がテレビゲームを
やり出しました。ピコピコと音が出ているのですが、隣のお母さ
んは知らん顔。電子音って気になりますよね。ただ音量的にはそ
れほどではないので注意すべきか悩みました。(結局は注意しま
したが)

 また別の日、長距離バスに乗っていると5歳ぐらいの子達が大き
な声で騒いでました。その子供達を連れていたのが、お母さんで
はなくおばあちゃんでした。それでも注意するそぶりもなし。結
局自分が注意したのですが、若いお母さんならともかく、あんな
おばあちゃんまでと、少しショックを受けました。

 作家の司馬遼太郎さんは「昔の日本人には公の精神があっ
た。それも地位や役職にかかわらず、すべての日本人に。だから
こそ日本人は精錬であり、気高くもあったのだと」と言われました。

 公の精神が元となりたっている日本人には欧米のような契約は
必要ありませんでした。しかしそれが今、どうでしょう。

 「日本から公の精神が消えたとき、日本が滅びる第一歩だ」と
言われたのも司馬遼太郎さんです。そしてその公の精神が急速に
消えつつあるとも。

 資本主義社会が入ってくる前提には宗教があります。資本主義
は競争原理になりたってますが、宗教面で弱者救済という点を補っ
ています。日本では宗教が入らず、資本主義が入ってきた。そし
て公の精神がなくなってしまっているとなると残るのは純粋な競
争社会です。

 公の精神を取り戻すのは大変ですが、なくなった原因のひとつ
が畏怖にあるのではないかと思ってます。日本人は自然への畏怖
から神がそして宗教が生まれました。農によって自然への畏怖、
取り戻せないものでしょうか。

2006 03 22 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2006年04月25日

Ⅳ. 閑話休題②

2006年4月25日

※動物のいる風景①

 我が家は夫婦と女の子、男の子の4人。そしてヤギの母子がいます。
他には畑に住み着いた猫、数匹かな。

 ヤギは農的暮らしにはヤギなんて漠然と考えていて、知り合いに
そんな事を話していました。それから半年、突然知り合いから電話
が・・「これからヤギを連れていくよ~」「え?!」「以前欲しいっ
ていってたよね~」「確かに・・」

 そうして我が家にヤギがやってきました。4歳のメスヤギで名前を
ハナにしました。(奥さんが命名)実際のヤギは想像より大きくビッ
クリしました。

 ヤギ小屋は急遽の作製でビニールハウスを利用しました。最初は
柵の幅が分からなかったり、ビニールを食いやぶられて脱走されま
した。

 直線距離の走りはさすがに速く追いつけませんでした。いつも吠
える近所の犬もヤギの大きさにビックリ。見て見ぬふりしてまし
た。

 脱走される度に柵の幅を変えたり、ドアをつけたりと色々しまし
たが、敵もさるものその都度新たな手を考えてきます。

 それでも脱走しても行き場がないので、しばらくすると道路には
出ず、畑の中に留まるようになりました。

 そんなこんなで最初は少し苦労しましたが、慣れてくると思っ
たより手のかからない動物でした。

 雑草は何でも食べるし、散歩の必要もない。日本の(農家の)家
庭事情にぴったりな動物です。

2006 04 25 | この記事へのリンク | トラックバック (0)