風来のハーブ苗・野菜苗

 風来では各種ハーブを種から大切に無農薬で育てています。また昔ながらの在来品種野菜苗も育てています。
 ハーブは日常で気軽に使っていただきたいもの、風来では室内で収穫出来るよう土も販売しております。使えば使うほど楽しみが増してくるハーブ。ハーブで生活をより豊かにしてみませんか。
(特製土OK)は風来の特製無農薬「土」1袋で屋内で収穫まで育てることが出来ます。

ハーブ苗
無農薬ハーブ苗 バジル(特製土OK)
 香りの良いハーブでイタリア料理など色々な料理に使われます。

育て方

 日当たりの良と水はけが良く、風があまりあたらない場所で管理して下さい。
土が乾いたらたっぷりと潅水して下さい。時々摘心すると収量が多くなります。
大きくなったら葉っぱをそのつど摘み利用して下さい。

利用方法

 ピザ、パスタなどトマトソースとの相性が抜群です。またにんにく、松の実(カシュー ナッツなどで代用も可)で作るバジルソースも沢山作って保存しておくと便利です。

無農薬 ハーブ苗 ルッコラ(特製土OK) 
 別名ロケットと呼ばれて、サラダにかかせないハーブです。ゴマに似た香りが特徴です。

育て方
 あまり日と風に当てすぎると葉に苦味が出ていますので室内か半日陰で育てるのがお薦めです。水をやり過ぎない用注意して下さい。好みの大きさになったら順次収穫してご使用下さい。

利用方法
 サラダなどに最適です。またさっと天ぷらにしても美味しく、お刺身のつけ合わせとしても使えます。
香りの良いハーブでイタリア料理など色々な料理に使われます。

無農薬 ハーブ苗 サラダ水菜(特製土OK 
 最近メジャーになった野菜、水菜。育つ過程も楽しいですよ。

育て方
 日に当てすぎると葉に苦味が出ます。半日陰で育てるのがお薦めです。水をやり過ぎない用注意して下さい。好みの大きさになったら順次収穫してご使用下さい。外側から利用しますと長く楽しめます。

利用方法
 まさにサラダにぴったり。また軽く湯通ししてお肉で巻いてもおいしく召し上がれます。

無農薬 ハーブ苗 リーフレタス(特製土OK 
 見た目も良く観賞用やベビーサラダに向きます。高温期でも育てやすい

育て方
 あまり日と風に当てすぎると葉に苦味が出ていますので室内か半日陰で育てるのがお薦めです。水をやり過ぎない用注意して下さい。好みの大きさになったら順次収穫してご使用下さい。

利用方法
 ベビーレタスとして使用する時は15cmぐらいに伸びたものから順次使用します。外葉から使いますと長く楽しめます。
(特製土OK)は風来の特製無農薬「土」等で屋内にて育てることが出来ます。

無農薬 ハーブ苗 青紫蘇(大葉)(特製土OK) 
 日本のハーブの代表格です。香りづけなど1つにあるととても重宝します。

育て方
 あまり日と風に当てすぎると葉に苦味が出ていますので室内か半日陰で育てるのがお薦めです。水をやり過ぎない用注意して下さい。好みの大きさになったら順次収穫してご使用下さい。

利用方法
 刺身に添えたり、天ぷらにしたりとさわやかな香りが食欲をそそります。
(特製土OK)は風来の特製無農薬「土」等で屋内にて育てることが出来ます。

無農薬 ハーブ苗 レモンバーム(特製土OK 
 葉にレモンの香りがあります。ミツバチが好むのでビーバームとも呼ばれます。

育て方
 草丈30~70cmぐらいまで育ちます。半日陰で鉢の場合は大きいものを使用して下さい。開花後には株元10cmぐらい残して切り戻しすると次の年も使えます。

利用方法
 葉や枝先をハサミで切って収穫して下さい。レモンバームティーは枝先4本(10cm)をハサミで2~3cmに切って熱湯400mlで4分間抽出すると美味しいのが出来ます。

無農薬 ハーブ苗 ミント(特製土OK 
 多くの種類があります。ペパーミント、スベアミントが一般的です。消化促進、口臭予防、また心身をリラックスさせる効果があります。

育て方

 半日陰で湿り気のある場所で育てて下さい。生育が旺盛なので他の植物と植える時には間に板など埋めこんでください。月に2度ほど液肥をあげると元気に育ちます。

利用方法

 お菓子にも良く合いますが、熱を通しても香りが残りますので料理にも使えます。セロリのサラダやポテトサラダにも合います。
 ミントティーにする時はレモンバームと同じ要領で、またラベンダーを少し入れると香りが引き立ちます。

無農薬 ハーブ苗 オレガノ(特製土OK 
 茎や葉に強い芳香があり、消化促進や殺菌効果がある言われます。またトマトソース料理、特にピザには欠かせないハーブです。

育て方
日当たりの良い、風通しの良いところで育てて下さい。梅雨時には蒸れるので株を間引いて風通しを良くして下さい。

利用方法
花の咲く頃が一番香りの良い時期です。天気の良い日を選び株元から収穫して下さい。
 野菜のソテーなどにも合いますが、一番はピザです。ピザの上に散らしてください。
(特製土OK)は風来の特製無農薬「土」等で屋内にて育てることが出来ます。
無農薬 ハーブ苗 イタリアンパセリ(特製土OK 
 さわやかな香りとやや苦味のある味で古くから料理や薬用として栽培されています。ビタミンCを始め、ビタミンA,カルシウム、鉄分などを多く含んでいます。

育て方
 日当たりと風通し、水はけの良い場所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげて下さい。真夏は葉が固くなるので半日陰で育てます。

利用方法
 普通のパセリと同じように利用出来ます。乾燥すると香りが弱くなりますので刻んで密封容器に入れ冷凍保存しておくと良いでしょう。

パセリ(特製土OK 
 ピタミンCとビタミンPが豊富です。苦味の中にも甘みがあり野菜ジュースなどにも最適です。

育て方
 日当たりと風通し、水はけの良い場所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげて下さい。真夏は葉が固くなるので半日陰で育てます。

利用方法
 サラダに付け合わせにどうぞ。乾燥すると香りが弱くなりますので刻んで密封容器に入れ冷凍保存しておくと良いでしょう。

無農薬ハーブ苗 チャービル チャービル(特製土OK) 
 パセリに似た姿のハーブです。パセリに比べると葉が平たくて切れ込みが細かくレースのような繊細で柔らかな雰囲気を持っています。味や香りはほのかで、かすかに甘みを感じます。葉っぱだけでなく花も繊細な感じで初夏に茎が長く伸びてその先端に細かな白い花をたくさん咲かせます。

育て方
 日当たりと風通し、水はけの良い場所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげて下さい。真夏は葉が固くなるので半日陰で育てます。

利用方法
 古代ローマ時代に料理に風味を付けたり、薬草として利用されていました。フランス料理のハーブミックスにも欠かせません。パセリより柔らかい味わいなのでお子様にもお奨めです

カモミール(特製土OK 
 花や葉にリンゴに似た香りがあります。花をお茶にすると食欲不振や不眠などに効果があると言われています。

育て方

 日当たりと風通し、水はけの良い場所を好みます。土が乾いたらたっぷりと水をあげて下さい。

利用方法

 生花10輪か乾燥させた花をテースプーン山盛り2杯入れ400mlの熱湯を注いで3分ほど蒸らしてからお飲み下さい。

卓上ミニトマト(プランター用ミニトマト)
 ミニトマトは通常のトマトより甘くしっかりしています。卓上ミニトマトは大きさが30cmぐらいにしかならないミニトマトです。作物を育てる上で一番栄養になるのが愛情です。いつも目の届くところで愛情いっぱい育てて下さい。きっとおいしい実が付きますよ。

育て方

 大きめの鉢に移し替えて下さい。トマトは光を好みますので日中は窓際においてたっぷり光をあげて下さい。また水の遣り過ぎは根グサレに繋がりますので注意して下さい。

利用方法

 樹の上でジックリ完熟したおいしいミニトマトをどうぞ。
※卓上ミニトマトは風来の無農薬土をお使いになる場合は2袋分必要です。

風来特製

500ml入り
特製無農薬土(500ml)

5L入り
  風来ではハーブ苗、野菜苗を種から無農薬で育てています。
 その苗に最適なのが特製の土です。殺菌剤、除草剤などを使用せず安心して使える土です。EMぼかし肥料、自家製ミミズコンポストなど植物にもやさしい肥料分が入っていますのでそのままご使用下さい。


 500ml(約300g)で直径12cmの鉢ひとつ分です。
 お得な5L入りもあります。



寄せ植えのイメージ
鉢&土セット

発送時荷姿
 気軽に、でも本格的にキッチン・ベランダガーデンをされたいという方に風来特製の鉢と土のセットを作りました。
 
 水はけのよい鉢(プラスチック製)と特製土がついてあとは水さえあげればOKです(^_^)

 ひとセットでハーブなら3~5鉢ほど育てることが出来ます。これまでハーブを育てたことがないという方に。気軽に無農薬ハーブ生活を楽しんでみませんか。

定植の仕方
 同封の土を鉢にすべてあけ、苗を定植して軽く押さえてください。その後で水をしめる程度、あげてください。鉢から水が染み出てこない程度の水やりがベストです。
 
 ※鉢には受け皿がついておりませんのでベランダで育てるか
  ご自身で用意してください。
 ※鉢&土セットを頼まれた方はハーブ苗5ポットからOKです。


野菜苗
イタリアントマト(露地栽培向き)お奨め
 まだまだ高級感のあるイタリアントマトですが、調理に使うトマトだからこそたっぷり贅沢に使いたいものです。日本のトマトと比べて実シッカリしていて酸味が少ないのでソースや炒め物に最適です。本物のイタリアントマトで作るトマトソース、ジュースはひと味もふた味も違います。

育て方

 支柱もいらず芽欠きも必要ないので非常に育てやすいトマトです。株間は90cm~1mあけて下さい。また肥料はあまりいりませんが、貝化石など石灰分をあげるとシッカリした実が出来ます。

利用方法

 トマトソースの作り方・・トマトはザク切りに、玉ねぎはみじん切りにします。つぶしたニンニクとオリーブオイルを厚手の鍋に入れ弱火でゆっくり温める。にんにくの香りがたったらにんにくを取りだし玉ねぎを入れ炒めます。イタリアントマト、塩を入れ強火で煮立ったらそのまま20分煮込みます。ザルなどで漉せばなめらかなソースが出来ます。

大玉トマト(露地栽培向き)
  品種は連作にも強い瑞栄になります。とても育てやすくトマトならではの雅味があり、いわゆる甘いだけのトマトではありません。トマト本来の味をぜひどうぞ

育て方

 通常のトマト栽培に順じます。肥料をあまりやると樹があばれますので気をつけてください。

利用方法

 究極のトマトの食べ方
トマトのヘタを取り、そこに小指の先ぐらいの穴をあけます。
そこへ天然塩を入れ、ラップで包み冷蔵庫で30分以上おきます。
こうするとトマトの皮と実の間にジュワーと塩が均等に広まります。甘さ倍増、本来のトマトの味が広がります。

ミニトマト(露地栽培向き)
  家庭菜園の定番! 幅広い人気があります。ミニトマトはリコピン含量が非常に高く、抗がん作用に効果があるといわれています。

育て方

 通常のトマト栽培に順じます。肥料をあまりやると樹があばれますので気をつけてください。

利用方法

 サラダにお弁当にご利用ください。沢山穫れた時はシロップ煮がお奨めです。

アイコ(露地栽培向き)
  果実はプラムタイプ。高糖度で、また普通のミニトマトと甘さの質が違います。丸玉とは異なる食感で食味も極良。草勢はややおとなしく作りやすいです。多収量で源さんお奨めミニトマトです。

育て方

 通常のトマト栽培に順じます。肥料をあまりやると樹があばれますので気をつけてください。

利用方法

 生でもちろん、オムレツやピザ、パスタにも合います。

黄ミニトマト(露地栽培向き)
  黄皮・黄肉のミニトマトです。糖度は6~7度で甘味が強く、早生で1果房に12~13果、着果します。長く楽しめる品種です。

育て方

 通常のトマト栽培に順じます。肥料をあまりやると樹があばれますので気をつけてください。

利用方法

 鮮やかな黄色がサラダに映えます。

四葉きゅうり(露地栽培向き)
  風来では昔懐かしい、四葉きゅうりがなんといってもお奨めです。四葉胡瓜は皮が薄く通常の胡瓜とひと味違います。サラダに浅漬けに最高です。きゅうりがこんなに味があったのかと必ず感じられるはずです。また昔からの在来品種なので無農薬で育てやすいのも特徴です。


育て方

 通常のきゅうりに順じます。株間は45~50cmあけて下さい。きゅうりの果実は97%が水分です。水やりはかかさないようにしましょう。

利用方法

 サラダに浅漬けにどうぞ。またきゅうりの味がしっかりしますので何はともあれ、塩もみして、スライスかスティックでお召し上がり下さい。

千両2号茄子(露地栽培向き)
  日本を代表する長卵型品種です。果実はツヤのある濃黒紫色で石ナスや夏ボケ果の発生は少ないです。長期間収穫が楽しめます。

育て方

 通常の茄子の栽培に順じます。株間は90cmはあけてください。

利用方法

 用途選ばずどんな料理にも合います。油との相性も抜群です。

水茄子(露地栽培向き)
 しぼればギュッと水が出るところから水茄子と呼ばれていて、生で食べてもアクがなくおいしいです。せっかく茄子を育てるならぜひ水茄子をどうぞ。昔からの在来品種なので無農薬で育てやすいのも特徴です。

育て方

 通常の茄子の栽培に順じます。株間は90cmはあけてください。新鮮な茄子はトゲがありますので気をつけてください。

利用方法

 浅漬けに最高です。3%の塩でもみ、一晩おくとおいしい、おいしい茄子の浅漬けの出来上がります。焼き茄子にしてもおいしく召し上がれます。

ピーマン(露地栽培向き)
 濃緑でツヤがよい品種です。草勢が強く、分枝力が旺盛で育てやすいです。

育て方

 通常のピーマンの栽培に順じます。株間は45cm~50mあけて下さい。非常に沢山なりますので収穫はこまめにしてください。

利用方法

 炒め物、肉詰めなどまた素揚げもおいしいです。軽く焼いて生姜醤油で食べるのもお奨めです。

赤パプリカ(露地栽培向き)
 甘く肉厚で臭みもありません。ビタミンCを豊富に含み、サラダにピッタリ。獲れたての味はまた格別です。

育て方

 通常のピーマン、シシトウ栽培に順じます。株間は45cm~50mあけて下さい。高温多湿時期には赤くするのが難しいですが、色づく前にジャンボピーマンもして利用してもGOODです。

利用方法

 サラダでぜひどうぞ。また炒めものにもぜひどうぞ。

坊ちゃんかぼちゃ(露地栽培向き)
 ビタミンA効力が普通のかぼちゃの3~4倍。さらに、糖質とタンパク質も多いので、甘くてホクホク!。甘みが強く、味をたとえるならかぼちゃと言うより「栗」、「さつま芋」に近いので、おやつ感覚で楽しめます。

育て方

 日当りが良く、排水の良い所に植えてください。肥料は、有機質を中心とした緩効性肥料を与えてください。晩霜の心配がなくなったら、株間60cm位で植え付けます。大きめのコンテナやプランターで栽培することもできます。

利用方法

 まるごとラップでくるんで電子レンジで7~8分ほど加熱。おいしい蒸し煮の出来上がりです。バターも合いますよ(^_^)



コリンキー(露地栽培向き)お奨め
 生食出来る珍しいかぼちゃです。甘く、シャキシャキして新食感です。育てやすい品種です。皮ごとスライスしてどうぞ。

育て方

 通常のかぼちゃの栽培に順じます。株間は90cmはあけてください。

利用方法

 生食できるかぼちゃです。サラダでどうぞ。もちろん天ぷらや炒めものにも合います。

ズッキーニ(露地栽培向き)
  夏に向けグングン大きくなるズッキーニ。名前は知られてきましたが、もっともっと気軽に使われても良い野菜だと思います。本場のイタリアでは日本で一般的に流通しているより2回りぐらい大きいものが一般的です。ぜひ本場の大きさまで育ててください。(30cmぐらい)
 

育て方

 支柱もいらず簡単に育ちます。ただ大きく育ちますのでうね幅は最低1.5m、株間は1mあけてください。また水に弱いので梅雨時期は実のつきが悪くなります。

利用方法

  ズッキーニは瓜の仲間ですが料理法としては茄子の料理が何でも合います。天ぷらに炒め物に気軽のお使い下さい。
ズッキーニのオイル煮(お薦めです)
①ズッキーニを大きめの1口大に切りにんにくを1カケ包丁の背でつぶして下さい。
②フライパンにたっぷりのオリーブオイル、にんにくを入れ弱火にかけます。
③にんにくの香りがしてきたらにんにくを取り出しズッキーニを入れ炒めます。
④ズッキーニに充分オイルがまわったら塩を加えフタをして蒸し焼きにします。
⑤20分ぐらい様子をみてクタクタになれば出来上がり。
⑥アツアツがGOODです。

モロヘイヤ(露地栽培向き)
 ビタミンやミネラルが多く、カロテンとカルシウムはとくに豊富に含まれています。独特のねばりけは血糖値の上昇を抑えてくれるという健康野菜です。

育て方

 エジプト原産で暑さに強いのが特徴です。プランター栽培でも十分に収穫することが出来きます。

利用方法

 おひたしなどほうれん草と同じように調理してください。独特のネバネバがおいしいです。

オクラ(露地栽培向き)
 オクラの原産地はアフリカと言われていて、暑さに強いです。栄養価の高いオクラ、ひとつあるととても重宝します。。


育て方

 オクラは最初寒さや風に弱いので十分暖かくなってから定植してください。

利用方法

 軽く茹でて食べるのももちろんお奨めですが、素揚げもおいしいです。穴をあけて少し高い温度で揚げてくださいね。

黄インゲン(露地栽培向き)
  あまり見かけない黄色いインゲンです。育てるの難しいのですがそれ以上においしいインゲンです。フランス料理などにはよく使われます。昔ながらの品種ですので育てやすく無農薬栽培向きです。ひとポットに3~4入っています。

育て方

 蔓なしですので支柱もいらず簡単です。株間は30cmぐらい。酸性土壌に弱いので貝化石など多めに投入してください。

利用方法

  やわらかく食味は最高です。塩ゆでして食べるとこれまでにない味わいが楽しめます。
 また茹で汁にも旨味が溶け出していますのでその汁でスープや味噌汁などを作るとすばらしいコクが感じられます。


商品発送 イメージ図

※ハーブ苗セットには
・ハーブの育て方、利用方法のパンフレットがつきます。