« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月29日

幻想的な朝

昨晩は農家仲間と野々市の福田さんの家で一杯。

今年スタートした大豆育てようサークル「まめまめくらぶ」の総括と味噌造りの日程、来年度についての話がメイン。

それぞれの農産物で作った一品を持ち寄っての飲み会って気楽でいいですね~♪がんばってる農家仲間との飲みは、 みな屈託ななくそれぞれ地に足がついていて力強く楽しいです(^_^)

まめまめくらぶの目的は2つあって、ひとつは大豆を育てる(畑仕事の)楽しさを知って農と食への理解を深めてもらおうというのと、 もうひとつはいかに迎えるか、イベントを含め、その迎えるコツを農家側も学ぼうというのがあります。

これからは畑開放型農家の時代が来ると思っています。そのホストとしてのスキルも上げていきたいところです。

写真は酔い覚ましで福田さん家に泊めていただいた帰りに撮ったもの。白山連邦の裾に霧がかかっていて幻想的な風景でした。

2008 11 29 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月28日

かぶら寿し

無添加 かぶら寿し

寒くなってくるとおいしくなってくるのが漬物。実際、風来でも冬場は漬物で忙しくなります。冬の漬物はしみじみしますね~。

そして北陸の冬の漬物といえば「かぶら寿し」!!

かぶら寿しはなれ寿しの一種なのですが、米糀を使い、漬け時間が短いのでふな寿しのような感じではなく、 どちらかというとべったら漬けを上品にした味になります。

このかぶら寿し、殿様の献上品だったとあってとても贅沢。 かぶを輪切りにしてハンバーガーのようにして間にぶりの塩漬けを挟み糀で漬けるというもの。

かぶの大きさをそのまま使うので、傷はもとより大きさにも気をつかいます。

風来ではかぶら寿しのためにかぶを無農薬で育てていますが、この時期に合わせて丁度いい大きさに育てるのはなかなか大変。 かぶの数次第ですので毎年欠品してしまいます(^_^ゞ

そして風来では糀に砂糖を加えず、本物みりん(もち米糀100%・砂糖無添加) だけで甘みを出すのでとても贅沢だと我ながら思っています。でもこうすると自然な甘みになって味を引き立ててくれるんですよね~♪

高価すぎてご贈答専門になりつつあるかぶら寿し。それでは文化が廃れると思って風来では買う人が食べられる価格に抑えています。

今回は樽ごと頼まれて漬けましたが、12月上旬には一般販売開始出来そうです。(12月いっぱい販売予定)

家族の口にほとんど入ることのないかぶら寿し、今年は食べられるかな~

2008 11 28 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月27日

ヤギのハナからうさぎさんへ

無農薬野菜

今日もいい天気。この時とばかりに草刈り&草刈。この冬の間に畑の通路に抑草シートを敷いて、畑を見学しやすくする予定。 お茶スペースやキュウイの定植などこの冬はやりたいことが沢山あります。

さて、本日発送の野菜セット。お客さんのリクエストでうさぎ用に無農薬栽培葉っぱをプレゼント。

ヤギのハナが大好きなニンジンの葉とブロッコリーの葉、キャベツの外葉はうさぎも大好物。 そこでメッセージにヤギのハナよりうさぎさんへとつけました。

こういった小回りが利くのも風来ならでは?

でも最近はペットフードにもメラニン混入で大騒ぎになったりしているので気持ちはとても分かります。

ペット用無農薬葉っぱセット、いけるかも・・・(^_^)

気軽にリクエストなさってください(^_^) ↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 27 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月26日

世界がもし100人の村だったらの・・

今日はいい天気でした。ここ数日の北陸の冬型天気がうそのようです。ああ、うそだと思いたい・・(^_^ゞ

本日、「世界がもし100人の村だったら」シリーズの著者、池田香代子さんが来風来(ややこしい?)いたしました。 本当に風来のやり方で食べていけるのかを確認にこられたとのこと(^_^)

本物の志の人に共通する人当たりのいいオーラをもっておられました。

池田さん、これからは農業ということ考えておられました。都心の遊休地(意外にも結構あるそうです) を畑に出来ないかと本気で思案中とのこと。

キューバを見習いつつ、西荻窪5丁目ハバナクラブを作ると目を輝かせながら話していました。そして色々なことに造詣が深く、 ゆっくりお話出来てとても刺激になりました。

志は高く、行動は足元から・・これから面白い展開になりそうな予感です。(^_^)

2008 11 26 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月25日

あわや火事?

冬の季節を感じるのは寒さもですが、太陽の登る位置、家に入る光の方向の違いによっても分かります。

今朝は珍しくいい天気。そんな中いい調子で収穫していると家の方から奥さんが呼んでいます。

いい調子なのになんだろう?と思っていると「レジから煙が~~」と・・

「レジから煙?この時間は電源も入っていないしそんな事はありえない・・」と思いつつ急いで帰ってお店を覗いてみると、 確かにかすかな煙となにやら溶けるにおい。

原因はを調べてみると・・

なんとガラスで出来たりんごの置物がレンズの役割をしてレジの外壁を溶かしていたのです!!

恐るべし太陽光線。今までこんなことはなかったのですが・・ホント色々なことで季節を感じさせてくれます(^_^ゞ

寒くなって野菜の甘みも増してどんどん滋味深くなってきています。 ↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 25 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月24日

イージードッチボール

今日も午後からシトシト降る雨。でも昨日の疲れをいやすのに丁度いい雨でした。(^_^)

昨日は能美市商工会青年部主催の「のみっこイージードッチボール」の運営に参加してきました。

役どころは委員長補佐ということであっちへこっちへ。

このドッチボール大会は能美市の小学生対象で毎年かなり盛り上がっています。子供たちより保護者のお母さん方の方が燃えているかも。

商工会青年部も今年で卒業。このドッチボール大会が最後の大仕事でしたので終わってホッとするのと同時に少しの寂しさが。

打ち上げは風来産の野菜を使った鍋。こちらも喜んでいただけたようです。 少し飲みすぎたということで今日はのんびり過ごしました(^_^ゞ

2008 11 24 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月22日

土もの一斉掘り出し

無農薬 しょうが 生姜 ショウガ

今日は少し冬型の天気が弱まり、晴れの時間がありました。

この隙にと赤たまねぎの定植と土ものの掘り出し。

土ものはサトイモ、サツマイモ、生姜の3種。久しぶりに畑仕事をしたな~という感じでした。

サトイモは保存のためすぐに逆さにして土の中へ。サツマイモは洗って乾燥させて発砲スチロールの中へ。 生姜は新ショウガと根ショウガを分けて洗いました。

今日掘ったものはそれぞれ少し熟成させた方がおいしいものばかり。 特にショウガは少し時間をおかないとあのピリっとした辛さが出てきません。ショウガは風来のキムチ用。今年は少し多めに収穫できました。

厳冬期に大活躍してくれる土もの。それぞれ体が温まりそうです(^_^)

2008 11 22 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月21日

野菜の音

無農薬野菜 ほうれん草

1週間前とはまるっきり変わって一気に冬モードになった北陸。このまま冬本番になるのでしょうか?

朝の収穫も空気が冷えきっていて、外に出るのに勇気が要ります。でも冷たい雨の中、カッパを着て収穫してると「俺って農家だな~」 と思ってしまったりもします。(^_^)

2階のリビングから子供達の応援の視線を感じるのですが、まさに親父の背中。 こういったことを見せられるのも農家のいいところだと思います。

さてこの時期は露地の葉物は風やアラレにもまれて見た目は悪くなります。でもこの寒さにあたった葉野菜のおいしいこと!!  見た目重視の市場ではこの時期、ハウス物が増えてきますが、この時期ならではの露地の葉野菜、ぜひ味わっていただきたいと思います。

そしてこの時期は収穫しているとパキッと音がします。これがまさにおいしい証拠。ニンジン、 大根など身が充実しているものは音とともに割れたりもします。

これがまたおいしい!! これもまた市場に出ることはまずないですね。(風来ではお出ししてますが(^_^ゞ )

滋味、まさにそんな言葉が似合う時期になってきました。

寒くなって野菜の甘みも増してどんどん滋味深くなってきています。 ↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 21 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月20日

携帯パニック

今日はこの冬一番の寒さ。ホント寒いしかも雨!!

こんな日は収穫する時の服装は重装備になります。モコモコに着込んだ上にカッパ。最初は寒いのですが、動き出すと温かくなってきます。

携帯も持つのですが取り出すのもひと苦労。

そんな収穫の最中に奥さんから電話。なんとか取り出し、家に帰り、そのまま携帯を家に置いた・・つもりでした。

収穫を終えて、携帯を置いたであろう場所を探してもありません(*_*)

いや~携帯がなくなるって焦りますね。でもこれも経験?畑仕事していると用水に流したりと様々な経験をしているので、 まあなければ前の携帯に戻そうと思いとりあえず仕事。

お昼頃に畑に出ると畑の真ん中に落ちてました。

それにしてもさすがPanasonic 北陸の冬の雨に打たれてもちゃ~んと活きてました。

今回思ったのは携帯を電話とメールぐらいにか使ってなくてよかったな~ということ。今便利な機能が色々ついてますが、 使いこなすぐらい利用してたらパニック度合いは今回ぐらいじゃあすまなかったでしょうね~(^_^ゞ

それにしてもなぜ畑の真ん中に?

2008 11 20 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月19日

あまりの寒さにヤギまでも・・

ホント寒いです。こちらは雪まで行きませんでしたが、アラレが畑に降ってきました。

雨かと思えば、風、アラレ、 曇りそのおりに雲のすきまから太陽が見える晴天があったりと北陸の冬には1日にすべての天気があると言われてますが、まさにそのとおり。

寒さに強いはずのヤギのハナも急激な寒さに少しとまどい気味。エサの催促、いつもは外に出てきてするのですが、 今日はハウスのビニールやぶれの隙間から顔を出しての催促(^_^ゞ

しかし、この寒さで野菜の甘みも増しています。なんでも寒くなると凍らないように糖度が増すのだとか。

あまりに寒くなると充実した根菜の場合、抜いた瞬間に「パキッ」と縦に割れたりします。こうなった時の野菜がこれまたおいしいんです。 (^_^)

寒くなって野菜の甘みも増してどんどん滋味深くなってきています。 ↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 19 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月18日

超新じゃが

無農薬野菜

一気に冬モード突入。こんな日は収穫も億劫になります。そんな朝、 いつものようにトイレ掃除しながら相田みつおさんの日めくりカレンダー(1階は相田みつおさん、2階は鍵山秀三郎さん)をめくると・・

「雨の日には雨のように、風の日には風のように」とありました。勇気をいただき収穫へ。(^_^)

でもこの寒さで野菜の味がどんどん滋味深くなってきています。

じゃがいもも豊作。写真の手前は新じゃが、ジャーマンポテト。奥が風来産100%サラダです。 じゃがいもはしばらくおいてもおいしいのですが、穫れたてはまた格別ですね。皮なんて手でむけちゃうし。

そんなことで今週の野菜セットはその日に穫れたじゃがいもを送ろうと思いつきました。

こんな企画が出来るのも農家ならではですね(^_^)
まさに農家しか味わえない味、穫れたてはやはり皮ごとシンプルな味つけがお奨めです。

ふかした新じゃがには塩辛やウニをのせてもいいですし、風来産の能登鯖のぬか漬け(ヘシコ)も合います。

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 18 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月17日

デカ!! 白茄子

無農薬野菜

行ってきました、丹後半島。石川から約4時間。外に行くとやはり刺激になりますね。

今度は家族と行きたいところです。(^_^)

さて帰ってきて畑を見ると・・

「男子3日会わざれば」ではないですが、巨大な白茄子を発見。ここまで大きいのは初めてです。

娘の葵に持たせて大きさを比較しようとしたのですが、あまりの大きさに驚いて最後はイヤそうでした(^_^ゞ

お昼にいただいたのですが、見た目によらずシットリと白茄子のトロットロ感もバッチリ。

やはりおうちご飯が一番ですね~♪

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 17 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月13日

おいしい野菜の定義Ⅱ

おいしい野菜、そのヒントはコシヒカリにあります。

稲は毎年のように新品種が次々出てきていますが結局はコシヒカリが残ります。 研究段階では新品種はコシヒカリより食味が高いものがほとんどですし、実際最初は評価は高いです。

そして新品種はコシヒカリの弱点である倒伏しやすいというのもクリアされています。

実はこの倒伏しやすいという弱点がコシヒカリのおいしさの秘訣。肥料をあげすぎると茎が伸びて倒れやすくなるコシヒカリは肥料が抑え気味。 それに対して新品種は倒れにくいので収量を上げるために多肥料になってしまい結果的に消化しきれない肥料分が味を下げてしまうのです。

つまり生命力のある野菜を育てるには肥料を抑えれば抑えるほど、生きる力が出てきて本来の味がしてきます。

ただそこで問題なのは野菜自体、人が食べやすいように品種改良されたものだということ。 まったく肥料分がないとキャベツだったら丸まらなかったりと野菜になりません。

そう、生命力のあるおいしい「もの」を育てるのは簡単でも、生命力のあるおいしい「野菜」 を育てるとなるとこのギリギリの見極めが大切になってきます。

そこが農家の腕のみせどころといったところでしょうか。

見極めつつ収量を増やす方に傾くのか、味を追求するのか。風来では生命力と食味を重視していますので肥料は抑え気味。 そんな意味では風来は小さい野菜が多いかも(^_^ゞ

ちなみに今の野菜は品種改良が進み多肥料とセットになっているのがほどんどです。 そうすると虫害や病気になりやすくなるので農薬も必要になってきます。

甘い野菜を育てるか野菜本来の味を出すよう育てるかは農家それぞれだと思いますが、育てる農家自身、 おいしさの定義をシッカリ持たないといけない時代になってきていると思います。

「うちの野菜は○○で○○だからおいしいよ~♪」とね。

2008 11 13 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月12日

おいしい野菜の定義Ⅰ

無農薬野菜

我が風来ではお客様の声を沢山いただきます。「農業は究極のサービス業」と称している自分としてはとても嬉しいです。

中でも嬉しいのは「うちの子は野菜をほとんど食べないのですが、源さんの野菜だけはすすんで食べる」というもの。 子供の味覚は正直なのでそういっていただけると農家冥利につきます。

おいしい野菜・・・

食べられる方はもちろんおいしいものを食べたいでしょうし、育てる農家側もおいしいものを育てたい。

でもこの「おいしい」にひと言で言っても様々。以前からその傾向はあったの、最近は特に「甘い」=「おいしい」 になってきているように思います。

今、野菜はどんどん品種改良が進んでいてあま~い品種全盛。 ひと昔前は嫌いな野菜の代名詞だったニンジンが今や好きな野菜のTOP10に入っています。 それだけ甘くてクセのないニンジンが増えてきたといえるでしょう。

お客さんに以前、「風来の漬物は野菜の味がする」と言われて「???」でした。続けて 「今の漬物は目を閉じて食べるとグニャグニャで調味液の味ばかりで元の野菜が何かわからん」と言われ納得。

品種改良の進んだものはそれと同じで目を閉じて食べるとなにか分からないかも・・

野菜のクセやアクはその野菜独特の栄養素の塊だと思います。その野菜のクセがハッキリしていて、おいしい。 そして後味がよくていくらでも食べられる。それが私の目指すおいしい野菜になります。

そういった意味では在来品種はいいですね~♪

そしてそういった生命力の強い、おいしいものを育てるのは実は簡単だということが農家になって数年経ち分かってきました。

~つづく~

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 12 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月11日

命懸けのゆず栽培(^_^)

無農薬野菜

今、このあたりいったいすごくいい香りがただよっています。その大元は沢山のゆず。

先日ゆずオーナーに応募しまして、そのゆずの管理作業に行ってきました。作業案内の中の持ち物にヘルメット、皮手袋とありました。

???・・ゆずでヘルメット?、皮手袋?なぜだと思いつつ、普段の畑の作業着で行きました。

行ってみて、その理由に納得。知らなかったのですが、ゆずには長くてかた~いトゲがあちこちについてます。

プロの方でもよくそのトゲでケガをしたりしているよう。長グツを突き破って足を怪我したり、 一輪車のタイヤをパンクさせることもしょっちゅうあることなのだとか。

そんなトゲが落ちてきて頭に刺さると大変ということでヘルメットが必要なようです。

いや~現地に行かないと分からないものですね~。

その命懸け(大げさ?)でとった無農薬ゆずがカゴ一杯我が家に。

風来のゆず大根もこれで復活です。あとはゆずぽん酢を作ったり、ゆずハチミツ、ゆずジャムも楽しめそう。あとはゆず湯でのんびりかな。 (^_^)
 
ただいまお裾分けで野菜セットにこの小玉ゆずをお付けしています。
(数に限りがありますのでお早めに~♪)

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ


2008 11 11 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月10日

高さんのTOYP大賞お祝い会&畑改造計画

この週末も怒涛の週末。まめまめくらぶの豆たたきから始まり、ゆずオーナー畑でゆず管理、その後農業仲間、 高さんのTOYP大賞お祝いのため能登島へ。

TOYP大賞とはThe Outstanding Young Personsの略で「傑出した若者たち」に贈られる賞になります。

能登島の高さんは農業を始めたのはほぼ同期なのですが、その頑張りとバイタリティ、 経営センスが傑出していてもう手が届かないところに行ってしまった感じです。(^_^ゞ

まったくのゼロから農業を始めた高さん、まさに今や能登島のいや能登に高ありというぐらいの活躍ぶり。

お祝いの会ではこれまでの軌跡を述べていたのですが、それを聞いただけで涙が出そうになりました。同期ってありがたい存在です。 (^_^)

お祝いは能登島の先端の民宿で行なわれたにもかかわらず50名を超える参加で大賑わいでした。

そして農業者だけでなく行政関係、ベジタブルマイスター関係とバラエティにとんでいてまた新たな出会いをいただけました。

石川県のベジタブルマイスター取得者はとても勉強熱心な方が多く、試食会をよくやられているとのこと。

風来では今、畑の改造計画をすすめているのですが、そういった方にも気軽に使えるようになればと思いました。

農家としては品種の違いで比べてもらうのもいいのですが、同じ品種で同じ栽培方法でも砂と土で味の違うニンジンなど、 そういったことにも踏み込んでもらえれば嬉しいなんて話にもなりました。

忙しい週末でしたが、色々と刺激をもらって新たなパワーをもらった感じです。

2008 11 10 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月08日

豆たたき

今日は大豆を育て(て味噌にしてついでに豆腐パーティーをして湯葉も食べちゃくぞ)サークルまめまめくらぶで豆たたき(脱穀) をしました。

3週間前に収穫した大豆を乾燥させての脱穀。穀物は育てるのはそんなに大変ではありませんがこの脱穀が大変。

でも今回は大人数でしたので楽しく出来ました。みんな思い思いの棒(ふとん干しやほうきなどんど) をもって大豆をバンバン叩いて実をはじけさせます。

そのあと、唐箕(とうみ)といって風の力で大豆と殻を分ける昔ながらの機械を使い選別。先人の知恵はホントたいしたものです。

3アール育てて収量は60kgでした。もとの種大豆は3kg。まずまずの豊作といった感じでしょうか。

この後、それぞれ家に持ち帰りクズ大豆や小石などをはじいて選別します。

年明けには味噌作り。楽しみです(^_^)

2008 11 08 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月06日

マラソン大会

今日は娘のマラソン大会の日。子供のマラソン大会なんて・・と思っていたのですが、 同じ年のいとこが息子のマラソン大会に燃えていて熱弁するので見に行ってきました。

いやいやすごいギャラリーでした。小学生のマラソン大会にこんなにギャラリーがいるとは・・時代なのか、 でもまあ平和な町であることには間違いないです。(^_^)

みんな自分の子供だけでなく、違う学年の子にも声援を送っています。こういうのもいいですね。

わが娘は10位。なんだかんだと応援に力が入りました。

いとこ曰く、「今の小学校できちんとした順位がつくのはマラソン大会ぐらいなんだ!!  そして努力すると結果が出るのが小学生のマラソン大会。努力したら結果がついてくることを今のうちに教えたい」とのこと。

いとこは9月から親子で練習をつんできたようです。その甲斐あっていとこの息子は2位でした。

来年は娘と練習しようかな。

午後からタマネギの定植。最近は日が暮れるのがはやくなってきたので油断がなりません。

2008 11 06 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月05日

じゃがバター

無農薬野菜

今日もいい天気。それでも午前中は配達。このところ頼まれたのもを持っていくだけだったのですが、 今日は色々なものを色々なところにおいてきました。

あと、長年お付き合いのある自然食品配達業者さんのところでお話。付き合いが長いだけに互いに甘えが出ていたようで、 互いに初心に帰りましょうとなりました。

それにしても無農薬の世界、自然食品の世界もここ数年で大きく変わりました。 無農薬野菜だから虫食いのひどいものはもう許されなくなりましたね。そういう意味ではこれから無農薬野菜の世界に参入する人は大変かも・・

そう考えるとホント色々鍛えられましたし、今思うと最初の頃の野菜は恥ずかしい限りです。

午後からじゃがいもを試し堀りしてみるともう大きくなってました。いつもなら11月終わりの収穫なのですが・・ そろそろ掘り時でしょうか。

さて、試し堀りの新じゃが、今晩はじゃがバターかな(^_^)

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 05 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月04日

郷愁をそそる味

無農薬野菜

今日はいい天気でした。でも気温上がらずいよいよ秋、いや晩秋の雰囲気がただよってきました。

霜にあたった柿の味ではありませんが、寒くなると野菜がますますおいしくなってきます。

そんな中、風来ではかぶがスクスク成長しています。少し成長しすぎているぐらい。北陸では昔からかぶの栽培が盛んです。「かぶら寿し」 という超豪華な漬物があるのですが、そのために品種改良が進んできました。

この「かぶら寿し」かぶをそのまま輪切りにしてハンバーガーのようにブリを挟んで糀に漬けるものでかぶの大きさがそのまま出ます。 そのため漬け込みの時期に合わせて丁度いい大きさにしなければなりません。そういった意味でも贅沢な漬物です。 風来でも12月になってから販売します。

そんなことから北陸のかぶはキメが細かいのですが、かぶってなぜか郷愁をそそる味。 そのかぶをぬか漬けにした日にはまさに日本人のDNAに訴える味になります。

夏はきゅうり、秋は茄子、そして冬はかぶがぬか漬けにして最高においしいと思っています。

かぶのぬか漬けにご飯、そして日本酒が進みます。(^_^) 寒くなると日本酒が飲みたくなるのはなぜでしょう?

風来旬の味・季節のお奨め・ お買い得あります↓
季節のお奨め・ お買い得ページへ

2008 11 04 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月03日

のんびりとした一日

無農薬野菜

昨日の駅伝のためか、その後の飲み過ぎのせいか、今日は一日、体がギシギシしてました。

連休中ということもあって仕事もボチボチ。いいリハビリの日となりました。

それでも畑ではブロッコリーやキャベツがスクスク成長しています。世の中の経済状況がどうあれ、野菜は野菜で成長しています。

不安定感のましてきたこの頃ですが、そういった野菜達を見ていると自分は自分のすべきことしなさいと気付かさせてくれます。

秋は思考の時期ですね。

そして昨日は娘の誕生日。昨日は駅伝の打ち上げで祝えなかったので、今日、バースディパーティーをします。

娘は生まれながらにじいちゃん孝行!! 親父と同じ誕生日なんです。いつも合同でパーティーをしています。

それにしても飲みが続いているな~(飲まなきゃいいんですが・・(^_^ゞ )

食欲の秋、野菜も滋味深くなってきます。 風来の無農薬野菜セット↓
無農薬野菜セットのページへ

2008 11 03 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2008年11月01日

初老祝い

昨日、今日と自分の初老のお祝いで近くの温泉に行ってきました。あらためて石川県は温泉が多いな~と実感してました。 (^_^)

双方の両親と兄弟夫婦を招いての内輪だけの集まりでしたが、こんな時近くに住んでいるといいですね。

初老ということで、今39歳。29歳の時に石川に帰ってきましたので丁度10年になります。

10年前はまさに徒手空拳。

農業研修、風来スタート、結婚、家新築、子供3人と随分環境が変わりました。この10年が一番激動の時期だったのかもしれません。

そして親族が揃って仲良く会食出来る。これも当たり前のようですが、本当にありがたいことです。

いや~それにしても飲みました。明日の駅伝大会大丈夫かな~(^_^ゞ

2008 11 01 | この記事へのリンク | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.