« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月30日

子供は大人の鏡

昨晩は地域PTAの会合に参加してきました。その中で出たのが子供の挨拶。色々と話す中で民生委員の方より「子供の挨拶は大人から」 という言葉が出ました。

そこで聞いてみると、朝起きて夫婦間で「おはよう」を言わない家庭が多いことにビックリ。う~んまさに子供は大人の鏡ですね。

朝はまず元気な挨拶からですね。うちの母はいつも朝起きると太陽に手を合わせていたのですが、今気付くと自分も手を合わせています。

そういえば昔の歴史書は○○鏡(吾妻鏡とか)ということが多いのですが、これは歴史は繰り返す。 歴史は今を映しているということからきているようです。

さてこのところ梅雨らしい天気。こうなると畑仕事もひと休み。この時期一番忙しいのは収穫でしょうか。 そんな時にカエルが葉にのってひと休みしてました。

カエルも害虫を食べてくれる大切な生き物。気持ちが少しのんびり出来ました(^_^)

2009 06 30 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月29日

盛り沢山の週末&月曜日

この週末は青年塾の研修で和歌山県串本町へ。青年塾は志を学ぶ場でその一環として全国の塾生に地大豆を育てる実習をしています。 私はその育み担当者。

「なぜ大豆を育てるのだろう?」と思っている塾生が、実際に育てていく中で「大豆が可愛くてしかたがない」 という言葉が聞こえてくるとまさに狙い通り。

それにしても串本は遠かった~(^_^ゞ
石川から電車で6時間半。新大阪からも3時間半かかります。

志を学ぶのになぜ串本なのか?

串本は本州最南端の町。1980年(明治23年)にトルコの軍艦エルトュール号が遭難する事故があったのですが (世界海難事故ワースト6)その時に串本(当時は大島島民)の村民が自分達も困窮しているのに、 自分達をかえりみず献身的に救済したことで知られています。

それ以来、トルコと日本の架け橋になっています。イランイラク戦争の時、トルコの大統領が自国民より日本人の脱出に手を貸しました。 しかし国内から一切非難が上がらなかったそうです。串本でのエピソードはトルコの小学校の教科書に載っていることもあり、 その時の恩返しだということ。

一般市民がそんな志をもっている昔の日本人ってホントすごいですね。

そんな串本講座から帰ってきたのが日曜の夜中。そして今日は朝からTV出演のため石川TVへ。

今回は浅漬けとぬか漬けの作り方。2回目で少し油断があったのか少しとちっちゃいました(^_^ゞ

醤油とみりんと酢さえあれば浅漬けは簡単に出来ます。あとぬか漬けも自分でぬか床を持つと結構はまります。気軽に自宅で漬物。 少しでも広がれば幸いです。

帰りしな、「他になにかありませんか?」と聞かれましたが、しばらくは風来に専念することにします。 今度は冬の漬物かな(^_^ゞ

夜はPTAの懇談会。重なる時は色々と重なります(^_^)

2009 06 29 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月26日

水に沈むトマト

無農薬 トマト

実野菜がわんさか穫れてきました。どんどん大きくなる実野菜は毎日の収穫が欠かせません。

風来では見た目より、味・安全性を重視していますのでそんな基準で選ぶと昔ながらの品種が多くなります。

今はいちに収量、にに見た目、さんに味という品種ばかり。昔ながらの品種は収量は少ないのですが、病気に強く、 なによりその土地に合っています。

それでもこのところすごいのが四葉きゅうり、通称イボきゅうり。まさに名のとおりイボイボなのですが、皮が薄く味・食感とも最高です。

収穫すると片道でかごいっぱいになって腰が痛くなるぐらい豊作です。

そして夏野菜といえば、一番人気はトマト。今年はスタートが遅れたのですがようやく収穫もスタートです。風来では大玉トマト、 ミニトマト、黄ミニトマト、イタリアントマトと色々育てていますが、それぞれ甘味の質が違っておいしいです(^_^)

ジックリ育てて完熟したトマトはズッシリしています。ズッシリしたトマトは水に沈むぐらいです。 風来では大玉トマトは甘いだけでなく雅味というべきバランスがとれた味を目指しています。

太陽の恵みをたくさん受けた夏野菜はそれだけで生命力の塊ですね♪

追加出来る野菜も増えてきました(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 26 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月25日

値段の素

今日も暑い一日でした。昼は暑すぎて畑に出られません・・(^_^ゞ

さて本日お袋さんが北海道旅行から帰ってきてお土産に例の生キャラメルをもらいました。

確かにおいしかったけど値段を聞いてビックリ!!

キャラメルの原材料を考えると信じられない値段です。そういえば先日も、 とあるデパートのスイーツフェアのチラシを見た時も感じたのですが、特にスイーツは最近、値段の乗せ方がすごいように感じます。

もちろん買う人がいるからその値段になるのでしょうが・・

そんなことを考えると値段って何だろうと思ってしまいます。 ただここまで極端になった理由のひとつは手作りをする人が少なくなったからというものあるのではないでしょうか? どうやって作られているか分からないから受け入れるしかないのかも。

逆に安すぎると感じるものもありますね。

自分でパンからハンバーグから作ったらあんな値段でハンバーガーが出せるわけがない・・なにかおかしいのではないか? そう思うのが普通のような気がします。

時々、小学生に豆腐教室をするのですが、その時はまず1丁の豆腐を作る分の大豆を見せてから作ります。そうすると感想で 「なぜスーパーで売っている豆腐はあんなに白いの?」「なぜあんなに安いの?」という疑問が出てきます。

毎回、毎回、豆腐を作る必要はありませんが、一度自分で作るとその値段がまっとうかどうか、感覚的に身に染みるますね。

そういえば資本主義が出来た当初、資本主義を広めるのに最大の敵は自給自足型の農村社会だったそうです。 村の中で自給自足されるとお金の価値が上がらないということでしょうね。

行き過ぎた資本主義の反省が叫ばれている今だからこそ、自給自足に回帰する必要があるのではないかと思います。 自衛の為にも必要なことですよね。なにより衣食住、特に食の自給ができると安心感が違います。(^_^)

2009 06 25 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月24日

今度は漬物でスタジオへ

今日は一気に暑い日になりました。車に入ろうとする時のモアッとした感じ・・まさに夏ですね。

午前中は配達へ。野菜を運ぶのも気を使うシーズンとなりました。

午後からTV撮影。先日出させていただいた同じく石川TV平日AM10:00から放映のリフレッシュという番組。今度は漬物(浅漬け、 ぬか漬け)でスタジオ行きです。

実は6月15日(月)に梅干の漬け方で出てくれないかとオファーされたのですが、 都合がつかず行けないと言ったところ今度の6月28日(月)でお願いと・・

もう何でも屋さんです。(^_^ゞ

でも家庭菜園と同じで浅漬けやぬか漬けもぜひご家庭でやってみてもらいたいもの。そんな想いで秘伝?の超簡単レシピをお教えしました。

29日(月)はまたスタジオで生放送です。
漬物の魅力が伝わるよう頑張りま~す♪


生命力溢れる野菜たっぷり(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 24 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月23日

さらにカラフル

無農薬野菜

昨晩はすごい雨でした。恵の雨は欲しいと思いましたが降りすぎです(^_^ゞ

空梅雨かと思えばスコールのような雨。このところの天気はホント極端に思えます。熱帯雨林化してきている?

そんな雨にも負けず、いやむしろ雨のおかげで夏野菜もスクスク成長。

実野菜もどんどん収穫スタートです。かぼちゃ畑もすでにジャングル状態。足を踏み入れるのに勇気がいるくらいです。

写真はかぼちゃの一種コリンキーです。風来夏のヒット野菜です。皮がうすく皮ごと生で食べられます。もちろん調理してもおいしいです。

彩りがホント豊かで食卓が楽しくなります。

実野菜は収穫に時間がかかりますが、成長が楽しいですね。
ようやくトマトも色づいてきました。(^_^)

2009 06 23 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月22日

体の中からきれいになる料理教室

オルチョ料理教室

昨日はオルチョサニータ・オリーブオイルの輸入者浅倉さんを招いての料理教室in風来。

今回は自分たちの経験から最初に食用油やオリーブオイルの話をジックリ聞いてもらってから調理は基本的に浅倉さんがしてそれを見るという形式にしました。

いつもながらのパワフルな浅倉さんトーク。でも内容は今の油の実態や食についてなどまさに目からうろこでした。

参加れた方もよろこんでいただいているのが雰囲気で伝わってきてとてもよかったです。(講習後オルチョオリーブオイル(2780円)が飛ぶように売れてきました)そして今回はなんと風来の見学を兼ねて佐賀県から参加してくれた方もいらっしゃいました(^_^)

今回メイン担当は奥さんで私は野菜を提供するだけでしたが、浅倉さん、風来の野菜を絶賛してくれました。

全国あちこちに行かれている浅倉さん曰く「有機や無農薬だからといってすべてがおいしいわけではない」「100の農家がいたら同じ野菜でも100の味がある」とのこと。同じ調理法で作ってもまったく味がしない時もあるそうです。そんな朝倉さんからお墨付きをもらえたのはとてもうれしかったです。

また農家こそ、その野菜に合ったおいしい食べ方を提案する必要があるとの言葉に深くうなずきました。

確かに有機・無農薬栽培をしていても普段はコンビニ弁当という農家もいたりします(^_^ゞ

今回、食の大切さを地域に伝えていく手段として料理教室にとても可能性を感じました。奥さんもその気になってきたようです。(料理ブログも復活するそうです(^_^ゞ )

自前で風来の野菜の味を100%引き出す料理教室がしたい!!。そんな夫婦共通の目標が出来ました(^_^)

生命力溢れる野菜たっぷり(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 22 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月19日

片付けついでに・・

今週もあっと言う間に週末。今度の日曜日はオルチョ・オリーブオイルの料理教室。

久しぶりに我が家で行うイベントです。

ゲストをお迎えするのにと、朝イチで少し片付けものをしたのですが、その勢いが止まらずハウスの中や加工場、はてはお店まで整理、 片付けしてしまいました。

掃除や片付けはやり出すと止まらないですよね。

料理教室もさることながら講師の朝倉さんがまた面白い人なんです。久しぶりにお会い出来るのが楽しみ♪

今回の料理教室はあまり広報しなかったのですが、あれよあれよと定員オーバーになりました。 まあ我が家でやるので定員といってもあってない感じなのですが、風来でイベントして人が自然に来てくれるようになったのは嬉しいことです。

そんな氣が通じているのか、最近オルチョの注文が沢山入ってます。決して安くありませんが、心から自信を持ってお奨めできる逸品です。

まあ確かにこの時期はズッキーニを筆頭にイタリアンに合う野菜たっぷりです。

お客様の中にもイタリアンパーティーをするので、それに合った内容の野菜セットを・・というお客さまもいらっしゃいます。

そんな声に対応出来るのも小回りの利く風来ならではかも(^_^)

イタリアンにもぴったり夏野菜たっぷり入ってます(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 19 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月18日

まさにミニマム農業(^_^)

風来は自他共に認める日本一小さい農家です。(30aは認定農業者の最小)

小さいからこそ色々なアイディアが出てきます。

写真はトマトとインゲンを同時栽培しているところ。

こうするとインゲンがトマトと支柱に勝手に巻きつけてくれますし、 インゲンのにおいがトマトの害虫にとってイヤなにおいを出すということで寄り付きません。

また豆科は空中の窒素を固定してくれるのでトマトの栄養補給にもなります。

こういったことは多品種を育てていて小さいからこそですね。
そんな工夫をする毎日は楽しいです。(^_^)

そのインゲンの収穫も始まりました。
トマトも早く色づかないかな~♪

2009 06 18 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月17日

サツマイモ?

無農薬野菜

今日もいい天気。まさに梅雨とは思えません、そろそろ雨が欲しいところです。(^_^ゞ

午前中は久しぶりに配達。そのついでに色々と買出し。油断するとホームセンターにはいくらでも居てしまいます。

風来の野菜も新顔、続々登場です。

写真は赤じゃがいものレッドアンデス。今回初めて育ててみました。感じはサツマイモそっくりですが、中はまごうことなきじゃがいも。

今回は肥料の関係か小さめばかりの収穫となりましたが、 新じゃがの間は皮もおいしいので皮ごと調理してもらえれば色合いが生きるのではないかと思います。

少しのサプライズがある野菜が野菜セットにあったら楽しいだろうな~とそんな想いを重ねて育てる野菜の種類も増えてきました♪

中には姫とうがんとか育てたはいいけど、本当にセットに入れていいのかな~とお蔵入りになったものもありますが、 どんなに沢山の野菜を育てていても初ものは嬉しいものですね。(^_^)

バラエティ溢れる野菜たっぷり入ってます(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 17 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月16日

大根のだいちゃん

今日もいい天気。梅雨はどこへ?

夏野菜の収穫も本格的にスタートしてきました。きゅうりにズッキーニ。茄子、ピーマン。待ち遠しいのはトマト。

実野菜の収穫はひとつひとつ大きさを吟味しつつですので時間がかかります。でも楽しいですね~。

楽しい収穫といえば根菜もなかなか。

この時期は葉にんじんに大根。スポッと抜ける感じが楽しいです。

そんな中、かわった形の大根発見。面白かったので加工場においておいたら奥さんが目と口をつけました(^_^)

子供たちは大根のだいちゃんと名づけて自転車で連れまわしています。

食べ物で遊ぶなと言うべきだったかな?
でも遊んだあとはシッカリみんなでいただくことにしました。

新聞に投稿してもいけたかも(^_^)

2009 06 16 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月15日

成長に気づく

無農薬野菜

この週末は東京へ。メインは料理研究家の辰巳芳子さんが提唱する「大豆100粒運動を支える会」の総会出席のため。

小学生の手いっぱいで持てるのが大豆約100粒、地大豆を各地で育ててもらって大豆の自給率を上げようというのが目的。 ただ教育力もすごくて各地で広まっています。

85歳の辰巳さんが日本の将来を本気で憂いて行っている運動。会場の雰囲気も凛としてました。私も少しでも力になれればと思いました。

今回はそのついでに前から行きたかったオーガニックバー「たまにはTSUKIでもながめましょう」 とこだわりのアイスクリームショップ「ぼぼり」に行ってきました。

双方のオーナーとも風来遊びにきていただいて、とても話が合いました。気が合う人は店の雰囲気も肌に合いますね。

土曜日の夜にしこたま飲んだのですが、いいお酒、いい雰囲気のおかげで次の日もスッキリ。 刺激を沢山いただきました(^_^)

帰ってきて畑を見ると野菜が成長してました。1日しかあけてないのにすごく育ったように思います。

グングン育つ生命力溢れる野菜たっぷり(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 15 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月12日

思わぬ収穫

無農薬野菜 黄インゲン

今日は暑い日でした~。最高気温も30度を超え夏日となりました。これからこんな日が増えてくるのでしょうね~。

こうなってくると太陽も殺人光線となります。朝の収穫も日の出からすぐに出ないといけなくなります。この段取りも頭を使います。

風来では色々な野菜を育てています。私自身が食いしん坊なので、バラエティに富んでおいしく、 食の冒険心をくすぐるちょっとしたサプライズがあるもの、そんな野菜セット。もらったら嬉しいな~というセットを心がけています。

そんな中、畑で黄インゲンがなっているのを発見。まあ発見も何も定植したのは自分なのであって当たり前なのですが・・・ すっかり忘れてました・・(^_^ゞ

でもこんなサプライズも嬉しいですね。

黄インゲンはやわらかくてフランス料理などにも使われることが多いそうです。色が鮮やかなのでアクセントにもいいです。

今晩我が家でもいただきます。(^_^)

2009 06 12 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月11日

ご馳走三昧

ヤギ

「ご馳走三昧」と言っても人間ではありません。ヤギのハナのことです。

この時期はキャベツや白菜の下葉、トマトの脇芽、きゅうりの脇芽などヤギの大好物がどんどん出てくる季節です。

中でもお気に入りは垣根に使われている姥目樫。この時期は姥目樫の新芽が伸びてくるのでお隣の兄貴の家よりどんどんまわってきます。

姥目樫は備長炭の原材料になるぐらいの堅い樹。そんな樹も親指の太さぐらいのものならバリバリ食べます。

音を聞いているとついつい私も食べようかな~と思うくらい(^_^ゞ

姥目樫がよほど好きらしく、普段好物のにんじんの葉を置いても見向きもしません。

飽食ですね~

今は乳も搾らず、完全ペット状態のヤギハナ。でもハナがいると草むしりも楽しくなります。雑草ではなく、 ハナのエサと思うとモチベーションがあがります。ヤギはおとなしいし日本人向けの家畜だとつくづく思います。 実際ほんの数十年前まであちこちで飼われていたようです。

それにしてもうちのハナは無農薬野菜、無農薬雑草で育っているのである意味とても贅沢かも(^_^)

無農薬野菜ギフトも出来ました。大切なあの人へ(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 11 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月10日

反面セールス

北陸は今日から梅雨入り。夕方から梅雨らしい雨が降ってきました。

でも例年北陸は本格的梅雨入りが6月後半からなので、降り続くことはないかな。

基本的には雨の時は畑仕事を本格的にしないのですが、今日はカッパを着てサツマイモの苗定植。先日植えて枯れてしまったところに補植。 なんとしても土が湿っている間に植えたかったのでガシガシ頑張ってました。

そんな中、不可解な電話があったと奥さんより。いい調子だったのに~。

なんでも会社名は名乗らず、北陸電力と取引のあるところで・・(ゴニャゴニャ)低電圧の検針に行くので明日の午前は大丈夫かとのこと。 その旨の通知を先日出したと・・・

奥さんその場で返事はせず、こちらからかけ直すと言ったところ、また後ほどかけるとのこと。不審に思ったので畑まで知らにきました。

着信番号を確認して見ると非通知。 おかしいと思ったので北陸電力に確かめたところ北電からそのような検針依頼を業者にすることはないとのこと。

そこでかかってきた電話でそのことを問いただすと、 北電とはまったく関係ない会社で低電圧の電気代を安く出来るという機械のセールスでした。どうやら通知を出したというのもうそのようです。

う~む、例えこれでアポを取れたところで、そんな方法で近づいてきたところを信用すると思うのだろうか?

まさに反面教師的セールスでした。畑仕事のリズムを返せ~(^_^ゞ

2009 06 10 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月09日

カラフルな夏

無農薬野菜 コリンキー

今日も薄曇りで過ごしやすい日。先日まめまめくらぶで植えた大豆も週末の雨はまさに恵の雨でした。

畑では夏野菜がスクスクと成長しています。写真はこのところ風来の夏野菜で人気が高まっているコリンキーです。

コリンキーは生で食べられるかぼちゃでサラダにぴったり。もちろん火を通してもいいですし、漬物にもいけます。

そしてこの黄色が料理の色合いを華やかにしてくれます。

コリンキーに限らず夏の野菜はカラフルなものが多いですね。真っ赤なトマトに藍色の茄子、白茄子などなど。

カラフルな色合いは見ているだけで夏を感じます。(^_^)

2009 06 09 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月08日

ほっとひと息

無農薬野菜

休み明けは何かとバタバタするのですが、今日は小雨まじりの一日だったので気持ちがのんびり出来ました。

この時期から水撒きも必要になってきますのでホッとひと息です。

畑の野菜たちもうれしそうです。

写真はごぼうの葉です。風来ではサラダごぼうといってミニごぼうを育てているのですが、このごぼうの葉がデカイ。

小さい子に持たせたら傘になりそうです。

野菜ってホントそれぞれ特徴がありますね。夏野菜は花がきれいな野菜も多いのが特徴。

茄子にズッキーニにオクラ、かぼちゃとそれぞれ違った趣があります。
その飾らない美しさはまさに機能美ですね。

旬の生命力豊かな野菜たっぷりです(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 08 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月06日

まめまめ定植&懇親会

今日はまめまめくらぶ大豆の苗定植。2週間前に蒔いた種がスクスクと成長してました。

まめまめくらぶも2年目。昨年の経験者もおりとても順調にすすみました。

でも初めて豆を定植する人は慎重に慎重に行っていました。私自身、農家としてついつい慣れてしまっていましたが、 そんな気持ち大切にしなきゃと改めて思わせていただきました(^_^)

作業が終わった後、畑を貸してくれている福田さんのハウスラでンチ懇親会。福田さんのハウスは常設BBQ場として大活躍しています。

今日のランチメニューはかまど炊きご飯。風来野菜中心の具沢山味噌汁。福田さんの畑の野菜中心BBQ&サラダ& 漬物etc.すべて福田さんの奥さんの手作り♪

みんなで囲んで食事するとホントおいしいですね。今年初参加の方も気さくな人ばかりで一気に打ち解けていい雰囲気でした。

唯一心残りは昼で車ということで飲めなかったこと。今度はイタリア~ンにワインといきますか(^_^)

2009 06 06 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月05日

喜怒哀楽の中心

今日も一日曇り空。過ごしやすい日でした。畑仕事もはかどります。

この時期は春の畑仕事最繁期を終え、今はようやく畑をゆっくり見ることが出来ます。忙しい時は気づかなかった (というか見ないふりをしていた・・(^_^ゞ )のですが、虫喰いや根が活着せず枯れたものもチラホラ。 補植したり虫除けににんにくスト酎を撒いたりします。

肥料を過度に入れていない風来の畑では虫もしばらくすると落ち着くと分かっているのですが、 最初の頃は心配で心配でしかたありませんでした。野菜の成長に一喜一憂したものです。今ももちろんそうですが・・

喜怒哀楽の中心。私の場合は畑ですが、男はついつい仕事のことが中心になりますね。でも最近は少し変わってきました。

8歳、6歳、1歳半とそれぞれ成長している子供たち。ケガをしたり、 発表会で感動をくれたりとどんどん喜怒哀楽の中心が我が身のことより子供たちのことに移ってきました。

特に上の子は起こる問題や喜びも親にとって初めての事例。色々なことがある度に自分の両親もそうだったのかな~と思ったりもします。

家と職場が一致しているのが農家の特徴。畑で遊んでいる子供たちを見てフトそんな事を考えました(^_^)

2009 06 05 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月04日

小さな味方2

少し蒸しましたが、過ごしやすい一日でした。でもいつも間にか普段着がTシャツ一枚になっています。すっかり初夏ですね。

今日も小さな味方発見♪

収穫した白菜についてきたのは赤ちゃんカマキリ。カマキリも害虫を食べてくれる貴重な味方。そっと畑(の虫が多そうなところ) に返しました。

それにしても自分自身の子供の頃(今も?)を含めて男の子はカマキリが好きですね~。息子が夢中になって後を追いかけていました。

なぜか「シャ~」と言いながら・・(^_^ゞ

無農薬の畑は生命力に溢れています。

2009 06 04 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月03日

小さな味方

今日は一日曇り空で畑仕事にピッタリな一日でした。畑仕事していて気持ちがよかったです。

定植など終わり、今は管理作業のシーズン。トマトを支柱に這わせたり、追肥したり、 草むしりしたりとちょこちょこした仕事が沢山あります。でも気持ちに少し余裕が出てきました。

管理作業は思考の時間にもピッタリ。今度の講演の内容をああでもない、こうでもないと考えます。(^_^)

そんな中、小さな味方発見。テンントウ虫の幼虫です。テントウ虫の幼虫はアブラ虫を食べてくれる貴重な昆虫。 そっとそのままにしておきました。頑張ってバクバク食べてね~

農業を始めてから色々なものの見方が変わりました。クモも昔は気持ち悪いだけだったのですが、今は助かる存在です。

あとヘビも急に出てくると驚きますが、ねずみが寄りつかせない、ありがたい存在です。昔、 白ヘビが神の使いとされたのはそんなこともあるのかもしれないな~なんて考えたりもします。

旬の生命力豊かな野菜たっぷりです(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 03 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月02日

販売すべきか・・・

無農薬 にんにく

今日はフェーン現象のおかげでまさに夏日の一日。畑仕事するにも暑い日でした。それでも午後から曇ってきて少しはよかったのですが・・

これらの季節無理に畑仕事しないというのも仕事のひとつになりそうです。

今日もにんにくの収穫。この天気はにんにくを乾燥させるにはピッタリ。

さて風来では基本的にキムチに入れるために韓国産にんにくを育てているのですが、 去年ジャンボにんにくの種を分けていただき育てました。

ジャンボにんにくはすべてがジャンボ。にんにくの芽もシッカリしておいしかったです。楽しみだったのがそのジャンボにんにくの収穫。

いやいやズッシリして堀りでがありました。さすが生命力の塊の野菜だけあって根の張りもすごい。

さてそこで問題はこのジャンボにんにくを今年販売するかどうかということ。

にんにくは育てるのに8ヶ月かかるのですが、ジャンボにんにくの場合は1片が2片にしかなりません。 野菜としてはとても効率が悪いです。まあだからこそ高価なんでしょうね。

これを今年9月に植える種にするべきかどうか・・悩みどころです。(^_^ゞ

ともあれ食べてみてからですね。初のジャンボにんにく味わうのが楽しみです(^_^)

2009 06 02 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2009年06月01日

思わず元気に

無農薬野菜 にんにく

昨日は町の体育フェスティバルの予定でしたが、雨のため中止。この体育フェスティバル市町村合併してから5回目なのですが、 まともに出来たのは1回だけという何とも雨に呪われた大会です・・(^_^ゞ

でもおかげでのんびり過ごせました。ここまでやることのない日曜日も久しぶり。図書館に行って時間制限なく過ごしました。 自分にとって安上がりで最高の贅沢かも(^_^)

今日はうって変わっていい天気!! 待望の晴れ。というのも早くにんにくの収穫をしたかったから。

にんにくは収穫が遅れると実が割れて腐りやすくなってしまいます。かといって出来るだけ大きくしたいし・・ と収穫のタイミングが難しい野菜です。

今年もにんにく豊作でした。ひと月ほど干したら皮も剥きやすく味も落ちついてきます。

今や貴重な国産無農薬にんにく。収穫しているだけで食欲が湧いてきました(^_^)

にんにく、乾燥したら野菜セットプラスで販売するので楽しみにしていてくださいね。

旬の生命力豊かな野菜たっぷりです(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

2009 06 01 | この記事へのリンク | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.