有機・無農薬・減農薬?-

本物の勇気(有機)その前に・・
お客さんから有機と無農薬、減農薬の違いは何ですか?と質問がありました。確かに有機という定義が難しい。
言葉自体もですが、ここに法律(JAS法)がからんでくるからよりややこしい。
そこで私見ではありますが少し説明させていただきますね。
説明していくには日本の有機農業の歴史からひもを解かねばなりません。
今から30年前、化学肥料・農薬・除草剤全盛期の時代に有吉さわこさんの「複合汚染」という本が出版されました。
それ以前から農薬を使わない栽培を行っている人ももちろんありましたが、その頃が日本の有機農業の黎明期と言っていいでしょう。
その「複合汚染」は日本版「沈黙の春」といわれるぐらい、農薬、化学合成物質、食品添加物の怖さが書かれています。(両著とも現代にも通じる名著です。)
農薬の害を一番受けるのは撒いている農家。感じる農家の方もいらしたのでしょうね。農薬を一切使わない農業に挑戦する人が出てきました。
その「複合汚染」の中に書かれていた農薬を使わない農業が「有機栽培」。(畜産の堆肥など使っていたので、有畜→有機という言葉が使われるようになったという説が大きいです。)
当時はまさに近代農法全盛期。手探りに行っている有機農家さんがどれだけ大変だったのか想像に難しくありません。思想と哲学、そして反骨心がなければとうてい出来なかったと思います。(実際、周りの農家からはキチガイ扱いされたそうですし、当時そんな農家さんに買いに行った人が「お前の哲学はなんだ?」と聞かれた等、伝説がたくさんあります (^^ゞ )
それから時が流れバブル時代。
食の質も変化してきて、量より質、そしてようやく安全性に世間の目が向くようになりました。
その頃からいろいろな農法が花盛りになってきました。
「微生物農法」「酵素農法」「○○式」などなど。
そんな中、「有機」という言葉が注目されました。
中には(いやほとんどの人)安易に飛びつく人も・・
(つづく)
いや?一回では書ききれませんでした・・
どんどん脱線していく??? (^^ゞ

新着・おすすめ商品


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です