« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月26日

春雨じゃあぬれていこう?

無農薬野菜 水菜

今日は朝から雨。でも「春雨じゃあ、ぬれていこう」というぐらい暖かい雨。まさにもう春といった感じ。

しかしいくら暖かくても雨では畑仕事は出来ません。この時期の雨は出鼻をくじかれたようなもの。でも焦りは禁物。 待つのも畑仕事と割り切るしかありません。

そんな訳で今日は確定申告の準備と畑計画。確定申告もほぼ出来ていたのですが、このところ忙しくて間が空いてしまいました。 早めに提出した方が楽だと分かっているのですが、それも今後のお天気次第かな(^_^ゞ

畑では水菜が元気です。昨年の暮れ、12月にためしに蒔いてみました。北陸では無理だと思っていたのですが、スクスク成長しました。 この時期の葉野菜は貴重。今年の暮れは本格的に蒔いてみようかな。これも温暖化の影響?

2010 02 26 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月25日

暖かくなってほしいけど・・矛盾した想い

無農薬野菜 菜の花

今日もいい天気・・というか暑すぎるぐらい。なんでも5月中ごろの陽気とか。

そこで朝から畑仕事。いや~午前中から汗をかきました。でも体を動かすのは気持ちいいです♪

暖かくなると畑仕事がはかどります。そして蒔いた種の芽も出やすくなるし、畑ではこの時期の貴重な野菜、菜の花もグングン出てきます。

ということで嬉しい時期なのですが・・

菜の花が出てくるのに比例してブロッコリーや大根、葉野菜も芽があがってきたり、花が咲いてしまいます。

そうするとその野菜は終了となってしまいます。

菜の花は沢山穫れてほしいけど、今ある野菜はこれ以上成長してほしくない。

矛盾した想いの日々が続きます(^_^ゞ

2010 02 25 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月24日

春にはつきもの(^_^ゞ

ヤギ

今朝もいい天気。天気がいいのに霜が降りなくなってきたらもう春です。

そんな訳で畑仕事も全開。・・といきたいところですが、久しぶりに動かす機械にはトラブルがつきもの。

草刈機で草を刈っていたら歯が空回りしたり途中で止まったり。草刈り機でのケガが農家で一番多いので慎重にメンテナンスしました。

そのあと高畑さんの堆肥を取りに行ったのですが、そこでもマシントラブル。2tダンプのクラッチが空回り。 車屋さんを呼んでなんとかなりましたが焦りました~(^_^ゞ

この時期は気がせいているので、少し落ち着けということでしょうか。

それでも少しづつ春の準備は進んでいます。写真はヤギのハナ。この時期は畑を片付けるのでエサが豊富にあって喜んでいます♪

2010 02 24 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月23日

一気に春らしくなりました

昨晩はアグリファンド石川の総会で金沢へ。記念講演でゴーゴーカレーの社長さんのお話がありました。絶対的ポジティブシンキングと、 とても前向きな話でした(^_^)

そして昨日来ていた石川の先輩農家さんはほとんどの方が全国レベル。こういった方々の囲まれるととても刺激になります。 春に向けて元気と使命感をいただきました。

さて今日は朝から暖かくて春のような陽気。そうなると急に気があせってきます。

何せ春は一気にトップギア。畑仕事はやることが山ほどあります。でも実際に体を動かすと少しは落ち着きました。 先は長いので無理せず頑張らないと・・

そんな陽気に誘われて、子供たちも畑遊び。土にまみれながら遊んでました。途中、途中で「これ何?」と質問ぜめ。 おかげで野菜の名前をどんどん覚えています。

それにしても教えた訳でもないのにカメラを向けるとピースサインをするのはなぜでしょう?息子はそんなことはなかったのですが、 やはり女の子ははやいな~(^_^ゞ

2010 02 23 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月22日

怒涛の一週間

早いもので2月もあと一週間。まさに2月は逃げるですね・・(^_^ゞ

そんな農閑期最後の一週間はこれを怒涛と言わずして何というかというぐらい予定が目白押し。 好きなものばかりなので楽しみでもありますが・・

週末の土曜日はりんごの木村さんの講演を聞きに羽咋市まで。いや~とても刺激になりました。 会場では沢山の知り合いに合ってなんだか同窓会みたいでした。

驚いたのは若い女性の方、しかもひとりで来ている人が多かったこと。時代の変化を感じました。 講演が終わって農家仲間で土について木村さんに質問。

絵を描いてくれて懇切丁寧に教えてくれました。ホント農が好きなんだと感じました。それとともに使命感も。まさに志の人でした。

日曜日はマメジンの味噌作り大会。こちらはお客様状態で参加したのですが、豆腐班となり豆腐を作ることに。多少怪しかったのですが、 最後は固まってホッとしました。出来たての豆腐は何度食べてもおいしいです。(^_^)

今日はこれからアグリファンドの総会&講演会&懇親会。石川県の主だった先輩農家さんの集まりなので毎回とても刺激をうけます。

春に向けて刺激の多い一週間となりそうです♪

2010 02 22 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月19日

農への興味

今朝も畑に雪が降り積もってました。それでもふわふわした雪で保温効果があるのか野菜は凍っておらず収穫が無事出来ました。

このところ先日蒔いた種が気になって何度もハウスに足を運んでいます。白菜やミニキャベツなどの芽は出てきたのですが、 ハーブの芽はどれも出ていません。元々時間がかかるものなのですが、なんとか出て欲しいところ。

午後から近所の中学に呼ばれてお話に。進路指導の一環だそうで、動物園の方や新聞社の方、 パン屋さんやレストランオーナーの方などお話しする方は総勢12名。

生徒はそれぞれ興味のある人のところに別れます。私のところには18名いました。学年180人ということでしたので丁度1/10。

そう考えると以前より農業に興味を持つ子の割合が増えたように思いました。

話す内容についてはずいぶん思案しました。あまりに難しいことを言ってもと思いつつ伝えたいことは伝えたいし。 どのくらいのことが通じるのか通じないのか・・ということでその場の雰囲気で話すことに。

みんな興味を持って聞いてくれて、最後の感想にはキーワードの「命の価値観」という言葉も出てきたので伝わったようです。 (^_^)

質問も沢山出て、今の子は活発だな~と思いました。
この中からひとりでもふたりでも農業に興味を持ってくれると嬉しいな~♪

2010 02 19 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月18日

雪下ニンジン

無農薬 ニンジン 人参

今日も一日寒い日でした。今朝も野菜が凍っていて収穫は暖かくなるまでしばし待ての状態。 それでも昨日よりは寒さがゆるんだように思います。

そんな雪の下から掘り出すのがニンジン。まさに雪下ニンジンです。この時期のニンジンの味・甘さ・生命力は格別。 ジュース用にとリクエストも多いのですが、なかなか応えられない状態。今年はもっと育てなきゃ。

明日、地元の中学に呼ばれてお話するのですが、このニンジンを持っていこうかなと思ってます。果たして反応はいかに・・ (^_^)

午後から野菜の種まき。イタリアントマト、トマト、ミニトマト、白茄子などなど。このあたりは特に寒い時期には発芽率が悪いのですが、 何とか沢山出てほしいところ。

今日蒔いた種が4月中ごろの苗となります。時間は取り戻せない。この時期は痛感します(^_^ゞ

2010 02 18 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月17日

野菜も凍る・蛇口も凍る

昨晩から雪が降り積もり、畑は一面の雪。この時期でこれだけ雪に降られると畑準備の気もそぎれてしまいます。

収穫に出てみると野菜がカチンコチンに凍っていました。そして野菜を洗う外洗い場も蛇口が凍って水が出ませんでした。 ここまで凍ったのもこの冬ありませんでした。

先日蒔いた野菜も気になるところですがまだ芽が出ていない状態なのでセーフかな。

午後からぼかし作り。春・夏野菜に向けては最後になりそう。今期はたくさん作ったので遠慮なく施肥出来ます(^_^)

ともあれ雪が解けてくれないと畑仕事が出来ません。もう少し農閑期を堪能しろということなのでしょうか・・(^_^ゞ

2010 02 17 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月16日

科学の目

今日も寒い一日。朝起きた時は大丈夫かと思っていたのですが、霜で野菜たちも凍っていました。春まだ遠しかな・・

午前中は発送作業。お店にも寒い中お客様がみえられましたが、あまり野菜を用意してなくて、畑で収穫することに。 この時期はほぼ予約制となります。

そう考えるとネット注文は大変助かります。一種の予約制なのでそのお客さんに合った野菜を発送当日の朝に収穫できます。 そして日本一小さい農家としては小回りが利くのが特徴です。(^_^)

そんな中、簡易土壌診断キットが届きました。

これまでも畑の土壌診断は業者に依頼してたのですが、時間がかかりそんなにサンプルも出せないのが欠点。 今回のキットはまさに簡易版ですが、その場で分かり気軽に計れます。

このキットは野菜の硝酸化態窒素も計れます。これまでも大丈夫だったのですが、これでさらに自信をもってお勧めできます。 安全性を提供する立場としてはやはり科学も目も必要ですね。

こういったものは手に入れてしまうとついつい安心しがち。使ってなんぼですのでガシガシ計るぞ~♪

2010 02 16 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月15日

種蒔き・種蒔き

この週末は久しぶりに予定のない週末。来週は色々な予定で怒涛の週となるのでのんびり過ごすことに。

それでも畑の計画を立てていると気持ちが焦ってきてハーブや白菜の種を蒔くことに。

ケシ粒といいますが、そんなケシ粒より小さいのがオレガノやミントの種。種を蒔くときはクシャミひとつ出来ません(^_^ゞ

今年のテーマは発芽率をいかにあげるか。ハーブ苗でリクエストの多いローズマリーやコリアンダーもネックは発芽率の悪さ。

農家仲間に蒔く前に冷蔵庫に入れると発芽率が上がると聞いたので試すことに。

一度種を蒔いたらそのあとは目が離せません。これから温度管理の日々が続きます(^_^)

2010 02 15 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月12日

すべての経験が血となり肉となる

昨日はみんなで大豆を育てようサークル「まめまめくらぶ」で味噌作り。みんなでワイワイ楽しく出来ました。

せっかくので一品持ち寄ることに。味噌作りだけにテーマを「発酵食品」(発酵ドリンクも可)にしました。

漬物に自家製ヨーグルト、チーズ、ワインに日本酒、果樹酒などなどバラエティーに富んだものが集まりました。

昨年作った味噌も味比べということで持ち寄りました。 同じ畑で育てた大豆で糀や塩加減も同じレシピで作ったのに濃い色から薄い色までバラバラ。味わいも微妙に違いました。 発酵ってホント面白いです。それぞれ自分のところの味噌が一番とまさに手前味噌状態となりました。(^_^)

味噌作りを終えて外を見るとビックリ。一面の雪。帰ってみると畑も雪で埋もれてました。

今日はハーブなどの種まきをしようと思っていたのですが、あまりの寒さに延期することに・・

そこで確定申告の準備。やる前は億劫だったのですが、やり出すと止まらなくなりました。もともと数字は好きなんですよね~♪

こういった作業をすると前職のホテルマンの経験が役に立ちます。

サービスを学ぼうとフロント志望で入ったのですが、幸か不幸か支配人候補ということで半年のフロント経験のあと、 雇われ支配人となりました。そこで徹底的に教えられたのが簿記と人事。

今、その時の経験がとても役に立っています。

独立農家、特に風来の場合は野菜を育てるところから加工、袋詰め、箱詰め、発送、経理、販売までほとんどひとりでやってます。

元々百姓は百の仕事をこなすから百姓というのだそうですが、そういった意味ではまさに現代の百姓?

バーテン、ホテルマン、オーストラリアの遊学、農業研修。すべての経験が今の自分の血となり肉となってます(^_^)

2010 02 12 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月10日

寒さぶり返し

昨日は畑から春の香りがしたのですが、今日は冬の風に逆戻り。でも三寒四温を繰り返して春になっていくのでしょうね~。

今日も苗床づくり。あとは種を蒔くだけです。まずは時間のかかるハーブ、トマトから。

そんな苗床はハウスの中にあるのですが、そのハウスはヤギのハナのお家でもあります。

目の前でご馳走が育っていくというのもハナにとってはツライ?

むか~し、脱走して新芽ばかり食べられたことがありましたが、今はハナも年をとっておとなしくなり脱走することもなくなりました。 (^_^ゞ

夕方から確定申告の準備の準備。やり出すとはやいのですが、本腰を入れ出すまでに時間がかかります。月ごとにはまとめているのですが、 それでも色々と整理が必要。

ついつい机の上の整理整頓とか始めたりして・・さて今年度の成果はどんなものでしょう。

2010 02 10 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月09日

かわいい?衝動買い

↑色々な大きさの種

今朝は雨の中収穫。でも春の雨の温かさでした。そうなってくるとなんだか焦ってきます。

この時期のお楽しみが種のカタログ眺め。基本は自家採取したものや在来品種なのですが、少しづつ新しい品種もとりいれています。

以前はイタリアントマトも日本では決まった品種しかなく、自分で自家採取したものを育てていましたが、 今はホント色々な品種が手に入るようになりましたね。

ネットであれこれ見比べてうちの畑に合ったものを購入。ついつい衝動買いしてしまうのも悪いクセですが、 種自体安いものなのでかわいいものかなと言い訳・・

そういえば買っただけで満足して育てなかったのも数点・・今年はそんな野菜も育てなきゃ。

ということでハウスの中で苗床の準備。平らにならすのですが、ここをキチンとしなかれば後々影響が出るので慎重に行います。

そろそろ種蒔きの季節。いよいよ本番です。

2010 02 09 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月08日

「土」ってすごい!!

昨日は金沢へ。「子育て支援農業フォーラムin石川」で少しお話をしてきました。 子育て支援農業は子育て支援事業に農をとりいれようというもので、その活動はとても楽しそうです。

親子連れの参加者が多いということで、畑の絵本という形で分かりやすく畑の力を説明。「土」「種」「料理」 の話を織り交ぜていったのですが、私は「土」担当。「土」の不思議をた~くさん話してきました。

今回改めて土を考える機会をいただいてとてもよかったです。

当たり前にあると思っている土ですが、地球と同じ時期に出来た月には土がありません。太陽系の中で土があるのは地球だけ。

土を構成しているのは大半が砂なのですが、その砂にも秘密がありました。 砂は何から出来ていると聞かれたら岩とか石と答えることが出来ると思うのですが、それではその岩・石はどこから?

実は岩や石は地球の黎明期にあちこちで噴火した溶岩、また地球の内部からのものなんだそうです。 そうしたものが風化して砂になりました。

そして土は砂と有機物で構成されているのですが、陸に植物が上がったのは4億年前ですので、 今私達が土と呼んでいるものは4億年前からゆっくりゆっくり出来てきたといえます。

ちなみに1cmの豊な土が出来るのに自然界では200年~300年かかるそうです。

風来は10年前にスタートしたのですが、その時は土を客土して始めたのでほとんど砂の状態、最初は雑草も生えませんでした。 さすがに200年も待てないので(^_^ゞ 色々手を加えて少しづつ豊になってきました。

初めてミミズをみたときは嬉しくて泣いてしまったことも昨日のように覚えています。

そして土が変わると生える雑草も変わってきて・・まさにこの10年は土作りの10年でした。 土が健康だと病気も害虫もつきづらくなります。

昨日はそんな風来のニンジンを子ども達に食べてもらったのですが、みんなおいし~いと食べてくれました。

10年+4億年の結晶の味ですね(^_^)

2010 02 08 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月05日

ベーコン造り同好会Ⅱ

今朝も雪が舞う中収穫。途中ホワイトアウト状態。苦労のあとは充実感溢れます。(^_^)

今日は2回目ベーコン造り同好会。先週、スパイスと塩を高畑さんの豚肉にすりこんで、1週間冷蔵庫で寝かせました。

昨日の夜に塩ぬき(水に3時間さらす)て乾燥。もうこれだけでおいしそうでした。

燻製は同じ市内の方のお宅で。そこには立派な燻製小屋があって、仕込みも含めて、そこのお宅でおんぶにだっこ。お世話になりました~。 m(_ _)m

燻煙している間に持ち寄り食事会。天然酵母パンやおこわ、スープ、サラダなど豪華なランチとなりました。持ち寄りっておいしいし、 楽しいし、話が弾むのでいいですね~♪

ベーコンを手造りしようという皆さんなので、おいしいお店や料理法の情報も沢山もっていてとても参考になりました。

出来上がったベーコンはひと晩おくと味が落ち着くのですが、我慢しきれず少し切って奥さんと試食。いい塩加減で香りもGOODです。 明日の朝はもちろんベーコンエッグに決まりです!!

2010 02 05 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月04日

すずめのお宿

↑家の窓から見えるすずめ達

今日も雪が積もってました。それでも収穫の時には朝日が射して気持ちがすがすがしくなりました。

その後、雪も本降りに。少し出かけたのですが、前が見えないホワイトアウト状態。 こんな日は出歩くものではありませんね(^_^ゞ

そんな中、畑ではハウスを開けるとピーチク、パーチク。すずめの大群です。

雪なので雪やどりしてるんでしょうね~。

ヤギのハナとも仲良く?しているようでした。(背中に乗られても動じない・・)

昨日は豆まきで節分だったのですが、春まだ遠しといったところ。今の間に畑計画立てようと思います。

2010 02 04 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月03日

喜ぶのは子ども達

今朝起きると畑一面の雪。寒いと思っていたのですが、雪まで降るとは思いませんでした。まだまだ油断できませんね。

お昼に風来にお客様。北陸大学の三国先生が一度来てみたいということでこられました。三国先生は北陸の環境学の第一人者、 色々な話で盛り上がりました。

自身でキムチも作られるということで無農薬唐辛子やアミの塩辛をお分けしました。

環境の視点からみると農業の可能性が広がりますね。

さてこの寒さの中、元気なのが子ども達。雪だるまを作りに兄弟揃って外へ。

自分も子供の頃はゲタをはいて雪の上を歩いたりしたな~。それでも最近はかまくらが出来るくらいまで積もりません。 今度まとめて降ったら作ってあげようかな(^_^)

2010 02 03 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月02日

台風より怖い北陸の冬の風

無農薬野菜 里芋 サトイモ

今朝は寒かったのですが、雨も雪も降らず気持ちよく収穫出来ました。このままいい天気になるかな~と思っていたら午後から荒れ模様。

北陸の冬らしいつよ~い風が吹き荒れました。ここ石川は霊峰白山に守られているので台風の被害はそれほどありません。

しかし冬の突風は急に吹いてくるので油断なりません。先日やぶれたハウスのビニールもなかなか直せずにいます(^_^ゞ

そんな寒さにさらされながら、畑では野菜がジックリ成長しています。

写真は里芋。本来里芋は厳冬期になる前に掘り起こすのですが、すぐそこの畑は掘り忘れておりました。

しかし掘ってみるとすごく成長してました。ジックリ育った里芋はおいし~いです。

写真の大きなのは里芋の親芋。普段出回ることはないのですが、風来ではたま~に野菜セットに入ります。(^_^)

驚かれること間違いなし!! でも味は普通の里芋と同じなので安心してください。 大きさを利用して里芋チップス風に使ったりも出来ます♪

2010 02 02 | この記事へのリンク | トラックバック (0)


2010年02月01日

水を守るは人の心

この週末は青年塾で滋賀県高島市の針江地区へ。針江は水の町としてとても有名です。

針江には約230軒の住宅がありますが、このうちの約100軒には「かばた」(川端)と呼ばれる湧き水を利用した水場があります。 屋内に設けた高さを変えた数段の水槽に湧き水を引き、飲み水はもちろん炊事や洗濯にも利用しています。 驚いたのは一番下の屋外の水路につながっているところには、鯉が泳いでいて、ここに鍋や釜を浸けておけば、きれいにしてくれるそうです。

出るゴミは梱包資材ぐらい。鯉が食べられないものは畑の堆肥になるとのことでした。

夜には地元の方と懇親会。話を聞いていて「かばた」が今でも残っているのは湧き水に恵まれているからだけではなくて、 水に対して感謝と畏怖の気持ちが強く残っているからだと思いました。

実際、近隣の地域でも昔はかばたがあったそうですが、今はほとんどなくなってしまったようです。

以前から行きたかった針江地区。やはり現地に行って感じることは大きかったです。

21世紀は水の時代と言われます。命の価値観からみるとまさに最先端地域だと実感しました。

2010 02 01 | この記事へのリンク | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.