苦味とエグミ

無肥料栽培 レタス

天気は回復しましたが、風がつよい一日でした。夏と真逆の方向からの風。秋、そして冬への気配も感じます。

そんな中、小学校では遠足。末娘は歩いていく遠足。風に飛ばされていなければいいのですが・・(^_^ゞ

この時期はひと雨ごとに涼しくなるといいますが、久しぶりの雨のせいか一気に涼しくなりました。実野菜の成長も一気にゆっくりになります。

そして秋といえば葉野菜。レタス、リーフレタス、サラダ菜、水菜などがとれてきました。

レタスは寒暖の差があるとどんどん甘くなっていきますのでどんどんおいしくなってきます。

無肥料栽培2シーズン目。昨年は大きくなるか心配だったのですが、少しづつコツがつかめてきました。といっても人間はお手伝いすることしか出来ませんが・・

色々な野菜の変化に驚きますが、レタスもそのひとつ。普通レタスの外葉はかたくて苦いのですが、無肥料栽培にしてから外葉もバクバク食べれるようになりました。多少苦味があってもスッと切れるというか・・

苦味とエグミの違い。エグミのある野菜は後味がいつまでも残るのですが、苦味はスッときれます。

白菜やキャベツ、ブロッコリーなどもスクスク大きくなってます。秋が深まって食欲の秋も全開です。

秋の葉野菜がどんどん採れてきました (^_^)
無農薬野菜セットのページへ

新着・おすすめ商品

¥540(税込み)
自然の甘さ