逆転の発想

IMG_5170

土曜日は夕方からお隣小松市にて「那谷寺1300年記念会」の一環として里山資本主義などの著者である藻谷浩介さんの講演会に参加。

昨年、能美市で講演していただき、その時はパネラーとして参加させていただきました。あいかわらずのキレッキレのトーク。

1300年前にあった産業、1300年後に残る産業・・

いずれにも農業は該当するということで大きな勇気いただきました。

会場で以前、ベジベジくらぶに参加した方から声をかけていただきその後居酒屋へ。満席だったのですが、たまたまご一緒した人の知り合いがいらして相席させていただきました。

縁が縁をよんだ日ともなりました(^_^)

それにしても朝晩が冷え込んできましたね。こうなってくると朝布団から出るのがつらい。でも今朝もいつもの時間に目が覚めました。体動かすとちょうどいいぐらい暖かくなるんですけどね。

日本一小さい農家としては収穫時間が夏場で2時間半、冬場は1時間から1時間半といったところ。無農薬栽培の畑、ある意味自然の中を雨の日も晴れの日も体を動かす。このぐらいの運動量健康のために最高なのでは・・(^_^)

やらされていると思うとまさに苦役。でも仕事になって健康のためにもいい・・そんな風に考えるとなんともありがたい仕事です。

藻谷さんの話も逆転の発想のヒントが沢山ありました。

環境の時代となって農がある意味憧れの仕事になってきています。農の価値、当の農家さんが一番気付いてないのかも・・。そんな農のいい面、農の価値、どんどん伝えていきたいな~とあらためて思いました。

そんなこと考えていたら畑のパートナー、野良猫が脇をスッと抜けていきました。我が物顔でパトロール?してくれてます。

新着・おすすめ商品

¥540(税込み)
自然の甘さ