農への想い

土曜日はBBQのはしご。いや~飲みました。日曜は朝から雨で比較的のんびり過ごせました(畑のジャングル化が進みそうですが (^ ^ゞ )

携帯用のHPを作成するにあたり以前書いた「想い」など読み返して、あらためて自然農法(炭素循環農法)へ切り替えた時のことが思い出されました。

あの時の苦労、というかお先真っ暗な状況は、一番思い出したくない時期ですが、あの時に決断したから今がある。そう心から思っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「おいしくて安全だからこそ毎日食べ続けられる味と価格」が風来のコンセプトです。心から安心して食べられる野菜が特別なものでなく、当たり前になる。そんな時代が早く来ればと願っています。

そんな想いから風来では2012年から無肥料栽培(炭素循環農法)に挑戦しています。野菜本来の生命力を引き出すためにはそれが一番だからと考えたからです。

炭素循環農法とは、森林や草原の炭素循環システムにならった農法です。炭素資材や緑肥を積極的に活用することにより糸状菌(キノコ菌)がそれらを分解する時に根に養分を与えるというもの。

切り替えた当初は春先に植えた苗が1ヶ月経っても全然成長せず、野菜セット販売以来はじめて休止するなど苦労もありました。その時に教わったが「野菜は法律でなく法則で育つ」ということ。人間のエゴではなく自然の摂理に合わせること。いかに糸状菌が過ごしやすい環境を作ってあげる、そのお手伝いをするのが人間の役割だと気付いたのです。

不思議なことにそうやって育った野菜、例えばきゅうりは一度折ってもくっつく、1箇所から2本成りする、また全般において硝酸態窒素(残留窒素)が少ないので後味のいい、日持ちのする野菜が出来るようになりました。

以前は自然のおかげと口では言っていたものの心の中では自分のおかげと思っていたものですが、今は心から自然のおかげと思えて仕方ありません。

まだまだ発展途上ではありますし、野菜を育てることはとても手間がかかることですが、この手間をかけることが野菜達にとって大切なことだと実感しております。そして野菜それぞれの個性の味を大切にしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出会いとご縁、そしてタイミングは本当に不思議だとしか思えません。

 

風来のついてのページはこちら↓

http://www.fuurai.jp/fuurainituite.htm

新着・おすすめ商品

¥540(税込み)
自然の甘さ