キノコが生えてきた

無肥料栽培の畑

いや~、昨晩はNPK・BBQ大会でよく飲みました♪
農に興味ある方ならどなたでも参加できるNPK。勝手にネットワークが広がってくれればと思っているのですが、
それぞれ繋がり具体的な動きが盛り上ってきました。

それにしても農家・漁師さんの集まりはホントすごい。溢れる魚・野菜。もちろん新鮮そのもの、しかも獲った人、育てた人の顔が分かる。
舌はもちろん心も満足。これこそ本当の贅沢ではないかと思いました。

さて最近畑のあちこちに見慣れないキノコが生えてきました。

実はこれこそ待ち望んでいた状態。山の樹は人が肥料をあげている訳ではないのに大きく育っています。

これは落ち葉を分解する時に活躍する糸状菌が土の養分を樹の根に与えるからと言われています。

今年から挑戦している無肥料栽培。無肥料栽培ではあるんですが、自然のまま放置しているわけではなく、
キノコの廃菌床を撒いて表面を起こしています。

そうすることによってキノコ菌(糸状菌)が住みやすくなる状態を作っています。
キノコが出てきたということは糸状菌が豊富になってきた証拠。

最初こそ成長が遅くハラハラしたのですが、今はこれまで育ててきた中で一番の出来。

気持ち的には価格を倍にしたいぐらいのクオリティーなのですが、収量が多いのでいつもより安くしているくらいかも(^_^)

まだまだ一端を覗いているぐらいですが、自然のすごさをあらためて感じている日々です。

豊作につき大盛りサービス実施中(^_^)
無農薬野菜セットのページへ

新着・おすすめ商品

¥540(税込み)
自然の甘さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です